SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

西脇資哲のEVANGELIST A GO! GO!

iPadもWindows7スレートもマルチディスプレイの配下へ/めくるめくマルチディスプレイの世界


新鮮な情報とともにテクノロジを伝えるエバンジェリストという職業は、つねに情報収集を怠らない。情報収集をするためには、吾輩はあらゆるメディアを駆使している。Webサイトはもちろん、テレビやラジオといった従来のメディアから、2ちゃんねるのようなメディアでさえ情報収集のための大切なチャネルなのである。と、同時に様々な日頃の業務もこなさなければならない。マルチタスクがあたりまえの日常なのである。

すばらしきマルチディスプレイの世界

一瞬たりとも情報収集を怠ることなく業務を続けるためには、常にコンピュータと対面をしていなければならない。デスクにいるときはもちろん、出先や移動中であっても今やスレート型やタブレット型のパソコンが存在によって情報収集ができてしまう。もちろん、スマートフォンなどは情報収集やコミュニケーションをするためのは最適のデバイスなのである。しかし、スレート型やタブレット型、もしくはスマートフォンはあの小さな画面の中になんとか工夫をして情報を押し込めているような気がしてならない。せめて、オフィスで仕事ができる間は、広々とデスクトップを使いたい物である。

そんなときに、WindowsやMacなどの機器では、複数のディスプレイを接続することができるようになっている。いわゆる「マルチディスプレイ」というやつである。たとえば、毎日株価の情報を複数表示しながら同時にニュースや情報サイトを見ているデイトレーダーと呼ばれる人々は、マルチディスプレイが当たり前である。ほかにも、映像クリエータやプログラマーの方々もマルチディスプレイが当たり前の時代になってきている。

つまり、机に向かってパソコンを操作している時は、極限まで生産性を高めたいのである。その手段のひとつとしてマルチディスプレイ環境があるのである。逆にタブレット型やシンクライアント、Webブラウザだけのクライアントデバイスには、こういった機能拡張ができないために生産性に必ず限界があるのである。

次のページ
ビデオカードいろいろ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
西脇資哲のEVANGELIST A GO! GO!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

西脇 資哲(ニシワキ モトアキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3304 2011/07/13 14:41

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング