Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

世界経済フォーラム「2007-2008年世界ITレポート」、日本は19位に後退

2008/04/10 15:30

世界経済フォーラムは9日、「2007-2008年世界ITレポート」を発表。日本は前回の14位から19位へ後退した。

 世界経済フォーラムは9日、各国のICT(情報通信技術)の発達度を比較した「2007-2008年世界ITレポート」を発表した。日本は127の国・地域中19位で、前回の14位から順位を下げる結果となった。1位のデンマーク、2位のスウェーデンは前回の順位を維持し、一方アメリカは前回7位から4位、韓国は19位から10位へと躍進を遂げた。

 ランキングの指標となるネットワーク化準備度指数(NRI)は、「ICTをとりまく環境(市場経済・規制・インフラ)」「ICTへの準備度(個人・企業・政府)」「ICTの活用度(個人・企業・政府)」の3つの分野での評価を総合したもの。

 日本に関する評価では、企業の利用度(3位)、企業の準備度(9位)が高く、政府の利用度(31位)、個人の準備度(27位)が低いという結果となっている。

 
【関連リンク】
Denmark, Sweden and Switzerland Lead the Rankings in the Global Information Technology Report 2007-2008(プレスリリース)
The Global Information Technology Report 2007-2008
Country Details(国別詳細サマリ閲覧ページ)

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5