SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

あたらしいSQL Server/Denaliの世界

カラムストアインデックスのすべて(後編)


日本マイクロソフトの平山です。今回の記事は、前回に引き続きカラムストアインデックスの解説です。今回はまず、カラムストアインデックスの制限事項を理解した上で、実際の運用シナリオを考えるところから始めたいと思います。

制限事項と運用シナリオ

 カラムストアインデックスを作成すると、対象となったテーブルのデータを更新することができなくなります。この点だけに着目してしまうと、これまでの SQL Server に定義していた一般的なインデックスの考え方とは一線を画すため驚いてしまうかもしれませんね。この特徴を理解したうえで、適切な運用方法を計画することで、大量の IO を必要とする操作の大幅なパフォーマンス向上が期待できます。

 それでは、カラムストアインデックスを作成したテーブルのデータを更新するための運用シナリオを考えてみます。代表的な例としては次の 2 つのシナリオが挙げられます。このような処理を必要に応じて定期的に実行することによって、カラムストアインデックスを作成したテーブルに対しても、データの変更を継続的に反映していくことができます。

 1. カラムストアインデックスの無効化
 一旦カラムストアインデックスを無効化 (または削除) してからデータの更新を実施します。その後、再度カラムストアインデックスを作成します。

 手順 1  ALTER INDEX インデックス名 ON テーブル名 DISABLE
 手順 2  データの更新
 手順 3   ALTER INDEX インデックス名 ON テーブル名 REBUILD

 2. パーティションの使用
 カラムストアインデックスがあってもパーティションの操作はできるため、データの追加にパーティションを使用します。

 手順 1   データ追加に使用するステージングテーブルにデータをロード
 手順 2  CREATE NONCLUSTERED COLUMNSTORE INDEX
                  – ステージングテーブルにカラムストアインデックスを作成
  手順 3    追加が必要になった時にパーティションをスイッチ
                   ALTER TABLE テーブル名 SWITCH TO T PARTITION …

次のページ
カラムストアインデックスが有効に活用できる環境

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
あたらしいSQL Server/Denaliの世界連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平山理(ヒラヤマオサム)

日本マイクロソフト株式会社
プレミアフィールドエンジニアリング
プレミアフィールドエンジニア日本マイクロソフトの Premier Field Engineering 部で、お客様に SQL Server をスムーズにお使いいただくための様々なお手伝いをしています。Sybase (現 SAP) 勤務時代の 5 年間とマイクロソフトでの 12 年間、データベース道を極めるために精進する毎日です。
二人の娘の父親で...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3697 2012/02/10 18:27

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング