SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

超実践!Excelデータ分析講座

【Excelデータ分析講座】3-2 分析ツールによる需要予測~分析ツール編


適正な数の在庫を持つために行うデータ分析には、以前の連載「統計関数編」で行った安全在庫の計算の他に、今回説明する需要予測があります。需要予測のやり方には多くの計算方法が存在しますが、今回は、もっとも理解しやすいと思われる移動平均を使用します。移動平均の計算は統計関数でも可能ですが、ここでは分析ツールの「移動平均」を利用します。

需要予測とは

 需要予測とは、売れる量を前もって推測することです。なぜ、前もってこのような推測を行なう必要があるのでしょうか。基本的には、顧客が商品やサービスを手に入れるまで我慢できる時間より、調達/生産して顧客の手に届けるまでの時間のほうが長いため、事前に在庫を準備しておく必要があるからです。

 しかし、在庫が多すぎるとコスト/資金繰りに悪影響を与え、少なすぎると機会損失につながります。そのため、過不足を起こさないようにちょうど良い量を事前に推測する必要があります。 需要予測の方法は、大きく2つに分類できます。1つは「統計的な予測」、もう1つは「人的な予測」です。統計的な予測では、過去の実績を基に数学的なモデルを駆使して未来の予測値を弾き出します。モデルは多数存在しますが、一般的な業務担当者には理解しづらいものが多いのも実情です。

 一方、人的な予測は、顧客数や見込み客、商談や受注状況に関するデータを積み上げて予測する方法です。ここにはある程度、人の経験と勘が反映されます。統計的な方法に比べると、近い将来をより正確に予測できますが、状況は刻々と変化するため、短いスパンで見直しを図れることがポイントとなります。

 いずれにせよ、需要予測は簡単ではありません。したがって、「統計的な予測」と「人的な予測」を組み合わせて行われているのが実情です。また、「統計的な予測」だけについても、複数のモデルや複数のパラメータの組み合わせをいろいろ試してみて、その企業の需要予測に最適なものを見つけていくことも重要です。

 今回は、需要予測のモデルとしては移動平均のみを使用しますが、移動平均のパラメータについては複数のものを試してみて、その結果から最適と思われる方法を見つけていきます。

分析ツールで移動平均をもとめる

 以下のデータは、以前の連載「統計関数編」でAVERAGE関数を利用して移動平均を計算した際に使用したものです。

キャプチャ

 ここでは、このデータから分析ツールを利用して移動平均を計算してみます。

「データ」タブの「データ分析」をクリックする。
キャプチャ
 
「データ分析」ダイアログ・ボックスから「移動平均」を選択して「OK」をクリックする。
キャプチャ
 
「移動平均」ダイアログ・ボックスの、「入力範囲」に「$B$2:$B$10」を、
「区間」に「3」を、「出力範囲」に「$I$2:$I$10」を入力して「OK」をクリックする。
キャプチャ
 
金融の3か年移動平均が求められた。
キャプチャ

 このように分析ツールを利用すると、計算式を入力したり、セルをコピーしたりする必要がなく、簡単な手順で移動平均が計算できます。

次のページ
期間を変えて需要を予測する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
超実践!Excelデータ分析講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平井 明夫(ヒライ アキオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4005 2012/07/02 19:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング