Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

最新OSやクラウドプラットフォームをカバーする統合開発環境 マイクロソフト、「Visual Studio 2012」の提供を開始

  2012/09/13 16:00

日本マイクロソフトは、最新の統合開発環境ツール「Microsoft Visual Studio 2012」の提供を開始した。9月からボリュームライセンスの販売を開始し、9月21日からパッケージ製品の販売を開始するという。また、最新の開発プラットフォームである「.NET Framework 4.5」の提供も開始しているという。
 

「Visual Studio 2012」は、最新のオペレーティングシステムである「Windows 8」や「Windows Server 2012」から、クラウドプラットフォームである「Windows Azure」 まで、多種多様なWindowsプラットフォームやデバイス向けのアプリケーション開発をサポートする統合開発環境だという。「Visual Studio 2012」は、開発工程だけではなく、開発後の品質管理から運用までアプリケーション開発に関わるすべての工程をカバーし、多様なアプリケーションの開発において高い品質と生産性を実現するアプリケーションライフサイクル管理(ALM)ツールとしても機能強化が行われているという。容易に使い始められることから少人数での開発から利用でき、拡張性が高いためにミッションクリティカルのシステムを開発する大規模プロジェクトまで幅広く対応するとしている。

発表によると「Visual Studio 2012」の特徴は次のとおり。

・アプリケーション開発者と利用者双方のニーズに応える
 新しいプラットフォームやデバイス、アプリケーションストアなどの新市場への対応と、重要性が高まるWeb開発を支援するために、最新のHTML5やCSS3標準をサポートしたIntelliSense、ページインスペクターによるWebページのデバックといった新機能を搭載。開発者とアプリケーションを利用するエンドユーザーのニーズに応える開発を支援。

・無駄を省いて開発に注力できる環境
 アイコンのシンプル化など、最低限のスタイルに抑えられたユーザーインターフェイス、ツールの検索機能の強化など、アプリケーション開発者の生産性や品質を向上させるために、無駄を省いてシンプル化し、コーディング作業の効率化を支援する機能が強化。アプリケーションの開発にあたって手間や時間がかかっていた、バグの再現やテスト、レポート作成などの作業の多くを自動化することで、生産性の向上に寄与。

・俊敏性の高いコラボレーション
 開発から運用まで関係者全員がコラボレーションできるシームレスなワークフローを形成することで、アジャイル開発などのチーム開発全体を支援する機能が強化。新機能ストーリーボーディングで、ユーザー要件にあった視覚的な画面設計を行うことができたり、チームエクスプローラーで開発者がコードレビューを要求できたりと、関係者のコラボレーションを支援。

なお、「Visual Studio 2012」製品発売イベントとして、10月4日(木)~ 5日(金)に渋谷ヒカリエホールにおいて、「Developer Camp 2012 Japan Fall」を開催するという。

■「Developer Camp 2012 Japan Fall」の詳細
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/jj614595

■「Visual Studio 2012」の詳細
http://www.microsoft.com/visualstudio/jpn

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5