EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

003 クラウドが万能なはずはない!Azureの弱点を暴け(前編)

edited by DB Online   2014/04/08 07:00

 ★Azureへの移行はこんなに簡単!支援策に関する情報はこちら

移行時にはデータベースのサイズは気になるところ

小澤
「SQLデータベースは誰が使ってもデータが3重化され冗長化されているのが強み」(小澤)

 笹木:中長期的にはデータベースはPaaS、SaaSに行くのでしょうけど、現時点ではまだ難しいと感じています。

 谷川:オンプレミスにあるシステムをクラウドに持って行けるのはAzure(IaaS)のSQL Serverのメリットですよね。移行元となるオンプレミスにあるSQL Serverは、どんな構成だと移行に有利ですか?

 小澤:データのサイズによりますね。あまりに大きいと初期の移行で苦労します。また先ほどSQL Serverなら時間がかかるバッチ処理もできるとありましたが、そのバッチ処理のデータを処理のたびにどうやってAzure上に持って行くかはまた別の問題として出てくると思います。

 谷川:2時間のバッチ処理ができるのはメリットだけれど、そのためのデータをアップするのに別に2時間かかるならAzureに乗せる意味ないですね。

 小澤:100GBとか200GBのデータをAzureに移行するのに1日かかりますとかだと、結果的に1日以上システムを止めないといけない。そうなると現実的ではないですね。

 笹木:実際そこはネックになります。SQL Serverをがっつり使うところはデータが大量にあり、そのデータ元は店舗などのオンプレミス環境にあります。粒度は違えど、ファイルやメッセージキュー等でリクエストが送られてきて随時かバッチ処理でシステムに入れることになります。Azureを使うなら、こうしたデータをアップロードしなくてはなりません。ここがボトルネックになりがちです。もし毎日数百GB単位のデータがPOSから来ると、アップロードで困難があり運用的には厳しい。可能であれば、データを刈り取るところもAzureの上でやれるといいのですが。

システム移行の課題をMicrosoft Azureで解決!

 Windows Server 2003の延長サポートが2015年7月で終了します。

 更新のさまざまな問題は、業務システムをMicrosoft Azure上で稼働させることで解決できます。

 

 マイクロソフトでは、システム移行にまつわるさまざま課題を解決します。導入のメリットから、すぐにわかるMicrosoft Azure移行費用概算ドキュメントまで、下記のページで詳しくご案内しています。

→→ Azureへの移行はこんなに簡単!支援策に関する情報はこちら


著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。 Webサイト:http://emiekayama.net

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:Azureに、のせてみた。
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5