SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

2020年には40,000エクサバイト!本格的なIoTの時代へ向けたOracleのストレージ戦略とは

 2010年に1,200エクサバイトだったデジタルデータは、2020年には40,000エクサバイトまで増えるという調査会社の予測がある。日本オラクル システム事業統括 プロダクト・マネジメント・オフィス 本部長の宮坂美樹氏は「過去を遡ると私が『マシン to マシン』と言い始めたのは10年くらい前でしょうか。今はまさにそういう時代になりました。IoT全体で考えた際には相当な量のデータがあり、企業もそれの扱いに苦労しています」と語る。

Flash、NAS、テープを使った階層化ストレージで適切な場所に適切なデータを

 とはいえ、莫大に増えてしまったデータが存在するからと言って、それら全部をいつも使っているわけではない。

 「90日経過すると、80%のデータはほとんどアクセスしないというのがリアルなところではないでしょうか。私自身も企画書なんかを作っても、3ヶ月前のものにはほとんど触りません」(宮坂氏)

宮坂美樹氏
宮坂美樹氏

 たくさんあってもすべてのものに日常的にアクセスするわけではない。これが、Oracleのストレージに対するソリューションのベースとなる考え方だ。なので、いかにデータを適材適所に配置するのか。コストをかけずにそれをどうやるのか。そのためにはFlashストレージ、NAS、テープ装置という多彩なラインナップを提供し、それぞれをうまく使うことになる。80%のデータはほとんど使わないならば、それらはなるべく保管コストの安いテープに置く。頻繁にアクセスするものは、Flashストレージに置いてと言うのがOracleの戦略だ。

 Oracleのストレージを活用しているデータアーカイブ・ビジネス事業者の事例では、NASとテープ装置を使い効率的かつ長時間、安全にデータをアーカイブするビジネスを提供している。この企業では、SL8500という一番大きなテープ装置を利用している。内部をパーティションで区分けし、それでテープ装置をマルチテナントイメージで運用している。保管している大規模なデータを顧客が欲しい際には、ネットワーク越しではなくテープドライブごと渡すという方法もとっているとのこと。

 また、国内の研究機関の事例では、研究データに頻繁にアクセスするために2014年10月に提供を開始したFlashストレージ 「Oracle FS1」をいち早く導入した。この研究所では30台のサーバーでトータル3ペタバイトほどのストレージを利用していた。今後3年でおよそ10ペタバイトまでデータ容量が増えることが予測されていたが、電源容量の上限問題がありこれ以上はストレージ装置の台数を増やすことは難しかった。そこで、Flashストレージにテープ装置を組み合わせ、頻繁に利用しないデータはテープへ退避させることで使用電力量を削減しつつ必要な性能と容量を確保。結果的に消費電力、運用コスト、設置スペースの削減を実現した。

 この時に利用したのがSAM-QFS(Sun Storage Archive Management Quick File System)と呼ばれる階層化ストレージ管理ソフトウェアだ。これを用いFlashストレージ、アーカイブ用ディスク、アーカイブ用テープにデータの適正配置を、自動的に行ったのだ。

 また、「これからは、映像の4K、8Kの時代もやってきます。それに対応するためにフロント・ポーチ・デジタル社を買収しました」と宮坂氏。フロント・ポーチ・デジタルでは、デジタル化した大規模な映像データなどの変換、クラウドでの配信といった機能などを提供しており、Oracle既存のデータアーカイブ、データ保護といったソリューションと組み合わせて、今後のデジタルデータの増加に合わせた全体最適化にも取り組んでいくとのことだ。

次のページ
ZFSの世界にやっと時代が追いついてきた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/6501 2015/01/22 00:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング