Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本マイクロソフトとアイキューブドシステムズが協業、MDMのプラットフォームをAzureへ全面移行

  2015/10/02 13:30

 日本マイクロソフトとアイキューブドシステムズは10月2日、エンタープライズ モバイルデバイス管理(MDM)分野で連携すると発表した。

 今回の協業により、モバイルセキュリティおよびMDMで国内最大のサービスプロバイダーであるアイキューブドシステムズは、同社のMDMサービス「CLOMO MDM」のWindows対応を強化するとともに、「CLOMO MDM」のプラットフォームをAmazon Web Servicesから、Microsoft Azureへ全面移行し、今後、Windows 10、さらにクラウド型セキュリティソリューションであるEnterprise Mobility Suite(EMS)との相互連携を実現するという。

左からマイクロソフト インターナショナル プレジデント ジャンフィリップ・クルトワ氏、
株式会社アイキューブドシステムズ 代表取締役社長 佐々木 勉氏、日本マイクロソフト株式会社
代表執行役 社長 平野 拓也氏

 アイキューブドシステムズは、Microsoft Azureの「サポート品質」「TCO(総所有コスト)」、そして「法人向け機能の豊富さと対応スピード」を評価することに加え、法人市場において高まりつつあるWindows搭載デバイスへの期待や、2-in-1デバイスへの根強い需要なども考慮し、CLOMOプラットフォームのAzureへの全面的な移行とWindowsプラットフォーム向けソリューションの拡充を決定したとしている。

 特に、Windows 10で強化された様々な機能は、企業で活用するモバイルデバイスとしての親和性を大きく向上するとしている。

 アイキューブドシステムズは、「CLOMO MDM」のWindows対応強化に加えて、Windows 10、EMSとの連携機能など、Windows搭載デバイスに特化した高度な機能を提供する。

 これにより、ユーザーはすでに持っているiOS、Androidなどのモバイルプラットフォームを問わず、スマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイスを単一のコンソール画面から管理できるようになる。

 さらに、Windows搭載デバイスやマイクロソフトの提供するクラウドサービスの有益な機能、マイクロソフトの推進するパートナーエコシステムとの連携を最大限に活かすことが可能になるという。

 協業による今後のスケジュールは次のとおり。

  • 2015年11月:Windows 10 に対応した「CLOMO MDM」を提供開始
  • 2016年春頃:EMSに連携した「CLOMO MDM」を提供開始
  • 2016年内:Windows 10搭載デバイスのユニークで先進的な機能に対応した「CLOMO MDM」を提供開始

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5