Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ビッグデータインフラストラクチャ市場、2014~2019年の年間平均成長率は22.6%―IDCが予測

2015/10/27 15:50

 IDC Japanは、ビッグデータで利用される国内ビッグデータインフラストラクチャ市場の予測を発表した。これによると、2014年の国内ビッグデータインフラストラクチャ市場は185億7,400万円で、2015年は249億5,000万円が見込まれる。また、2019年の市場規模は515億1,500万円に達し、2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は22.6%と予測している。

2014年は185億7,400万円、2015年は249億5,000万円の見込み

 ビッグデータで利用されるインフラストラクチャ市場には、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器、クラウドインフラストラクチャ、およびその他関連機器などが含まれる。2014年の国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場(売上額)では、インフラストラクチャが4割を占め最大の市場になっている。売上額の順では次いで、サービス、ソフトウェアとなっている。

 2014年の国内ビッグデータインフラストラクチャ市場は185億7,400万円だった。その中で構成比が最も高かったのはサーバーで38.4%、次いでストレージが33.4%、ネットワーク機器が11.7%だった。

 クラウドをインフラストラクチャとして利用するクラウドインフラストラクチャは2.5%にとどまった。2015年の市場規模は249億5,000万円で前年比34.3%増となる見込み。その内訳は、サーバーが36.7%、ストレージが36.6%、ネットワーク機器が11.9%、クラウドインフラストラクチャが2.8%になるとみている。

最も成長率が高いのはクラウドインフラストラクチャ、次いでストレージ

 また、2014年~2019年のCAGRをセグメント別に見ると、高い順からクラウドインフラストラクチャが37.8%、ストレージが31.3%、ネットワーク機器が19.6%、サーバーが16.5%と予測している。

 クラウドインフラストラクチャのCAGRが最も高くなるとみているのは、現在はオンプレミスを主体に構築されているビッグデータインフラストラクチャだが、予測期間を通してクラウド利用が拡大していくと考えられるためだ。

 次いでストレージのCAGRが高いのは、ビッグデータで活用するために保存するデータ量が増大し、ストレージ需要の大幅な増加が見込めるためだとしている。

 IDCでは、2019年の国内ビッグデータインフラストラクチャ市場は、515億1,500万円に達すると予測している。その時点での構成比は、サーバーが29.6%、ストレージが47.1%、ネットワーク機器が10.3%、クラウドインフラストラクチャが4.5%と予測している。

 IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ/IPDS/PCs グループディレクターの森山正秋氏は、「ITベンダーがビッグデータインフラストラクチャ市場でビジネスを拡大していくためには、パッケージ化や初期コストの低減、さらに第3のプラットフォーム時代に適合したビジネスモデルへの転換、そして自社の得意領域におけるソリューションの強みを生かすことが不可欠である」と分析している。

参考資料:国内ビッグデータインフラストラクチャ市場 セグメント別 売上額予測、2014年~2019年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表について詳細は、IDCが発行した「国内ビッグデータインフラストラクチャ市場 2014年の分析と2015年~2019年の予測」にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5