SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

第2世代のIaaSで「AWSの市場も取りにいく」とラリー意気込むーOOW2016が開幕


 今年も米国サンフランシスコでOracleの年次カンファレンスイベント、「Oracle OpenWorld 2016」が開幕した。初日となる18日日曜日には、併催のJavaOneのキーノート、さらには会長兼CTOのラリー・エリソン氏のキーノートセッションが行われた。今年のメインテーマはクラウド、会場のあちらこちらには「The Fastest Growing Cloud Company」というバナーがあり、クラウドのビジネスが急成長していることをアピールしている。

SaaS、PaaS、IaaSの3本柱でクラウドにコミット

今年も元気なOracle CTO ラリー・エリソン氏
今年も元気なOracle CTO ラリー・エリソン氏

 「Oracle Cloud 2016」というメッセージを表示してステージに登場したエリソン氏。今回のキーノートセッションの話題は、ほぼクラウド一色という感じだ。

 「世代の変革の時に来ている。オンプレミスから、より少数のスーパーデータセンターによるクラウドの時代になってきた」(エリソン氏)

 クラウドにはSaaS、PaaS、IaaSという3つの柱がある。SaaSとPaaSは順調に成長しており、さらに昨年正式に発表したIaaSについては、急成長していると自信を見せる。クラウド中心のビジネスに移行しても、Oracleとして製品、サービスのデザイン方針には変化はない。キーワードは「コスト」「信頼性」「性能」「業界標準」「互換性」「セキュリティ」の6つだ。

 「これらはクラウドに移行する前から何ら変わっていない。製品、サービスの競争力があること、そしてその上でコストだ。コストの競争力は重要だ」とエリソン氏。この場合のコストは、製品やサービスを購入する際のコストもあり、継続して運用する際のTCO (Total Cost of Ownership) もある。この両方のコストを「最も低くする」と言う。

 サービスの信頼性については、ITシステムを全く壊れないようにすることはできない。なので、壊れてもビジネスが止まらない可用性を提供する。「フォルトトレラントが重要、コストとともにこれがアーキテクチャの本質だ」とエリソン氏。

 性能に関しては、データベースは最も速い必要があるという。性能が速いということは、はコストにも関係してくる。同じ処理を、1分でやるよりは1秒で済むほうがコストははるかに安くなる。そしてもう1つ大事なのが業界標準だ。

 「OracleにはSQL標準に準拠したデータベースが昔からあり、世界で最も使われているJavaもある。そして、RubyやPHP、さらには最近流行のDockerといったものも、ユーザーにとっては大事なものだ。ユーザーに大事なものは当然ながらOracleはサポートする」(エリソン氏)

 クラウドへの移行は加速しているが、全てがクラウドに行くまでには10年かそれ以上の時間がかかる。結果的にその間はオンプレミスもクラウドも両方を併用することになる。

 「オンプレミスとクラウドを共存でき、それらを自在に使い分けられなければならない。データだけでなく、アプリケーションも、これらの間をボタン1つで移動できないとならないだろう。あるものはオンプレミスで、あるものはクラウドでと両方が使われる。アプリケーションも相互運用できることが必要だ」(エリソン氏)

 もう1つクラウドで大事になるのがセキュリティだ。「データを守る。そのためにOracleは最もセキュリティ性の高いクラウドを提供できなければならないと考えている」とエリソン氏。

 このあたりのクラウドに取り組む姿勢は、昨年も同様な主張をしていたところだ。昨年と違うのは、コスト部分に重きを置いて発言したことだろう。

次のページ
IaaSではAWSがライバル

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8493 2016/09/20 10:29

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング