SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

60秒でできる!Microsoft Excel Tips集

【Excel Tips】春分の日や秋分の日を求めるには?

日付と時刻のTips(5)


春分の日、秋分の日をExcelで求める方法を紹介します。

概要

 国民の休日である「春分の日」と「秋分の日」は、その年によって3月20日と21日のいずれかで変動します。それぞれの日付は、政府が前年に決定する仕組みになっていますが、実際には国立天文台が定めた計算式によって求められる値が採用されています。Excelでこれらの日付を求めるには、以下のようにDATE関数とINT関数を数式に組み合わせます。

 春分の日
=INT(20.8431+0.242194*(年-1980))-INT((年-1980)/4) 
 秋分の日
=INT(23.2488+0.242194*(年-1980))-INT((年-1980)/4)

 本稿では、サンプルファイルを使って、春分の日と秋分の日の日付を求める方法を紹介します。

サンプルファイル
サンプルファイル

操作手順

春分の日を求める方法

  1. サンプルファイル「sample.xls」を開きます。
  2. A7セルを選択して、数式バー横の[関数の挿入]ボタンをクリックします。
  3. [関数の挿入]ダイアログボックスで、DATE関数を検索します。
  4. [関数の引数]ダイアログボックスでは、以下のようにDATE関数のそれぞれの引数ボックスに入力します。
    • :年が入ったセル(A1)を選択
    • :3
    • :INT(20.8431+0.242194*(A1-1980))-INT((A1-1980)/4)
    [関数の引数]ダイアログボックスにそれぞれ入力して[OK]ボタンをクリック
    [関数の引数]ダイアログボックスにそれぞれ入力して[OK]ボタンをクリック
    ↓
    春分の日が求められた結果画面
    春分の日が求められた結果画面

 A7セルの数式は以下の通りです。

=DATE(A1,3,INT(20.8431+0.242194*(A1-1980))-INT((A1-1980)/4))

秋分の日を求める方法

  1. A14セルを選択して、[関数の挿入]ボタンをクリックします。
  2. [関数の挿入]ダイアログボックスで、DATE関数を検索します。
  3. [関数の引数]ダイアログボックスでは、以下のようにDATE関数のそれぞれの引数ボックスに入力します。
    • :年が入ったセル(A1)を選択
    • :9
    • :INT(23.2488+0.242194*(A1-1980))-INT((A1-1980)/4)
    [関数の引数]ダイアログボックスにそれぞれ入力して[OK]ボタンをクリック
    [関数の引数]ダイアログボックスにそれぞれ入力して[OK]ボタンをクリック
    ↓
    秋分の日が求められた結果画面
    秋分の日が求められた結果画面

 A14セルの数式は以下の通りです。

=DATE(A1,9,INT(23.2488+0.242194*(A1-1980))-INT((A1-1980)/4))

備考

 春分の日や、秋分の日の日付を求める場合、1980年の春分や秋分となる時刻を基にするとよいでしょう。

 1980年はうるう年で、春分の日は3月20日、秋分の日は9月23日でした。細かく言うと、1980年3月20日20時14分4秒が春分の瞬間の時刻であり、同年9月23日5時58分16秒が秋分の瞬間の時刻となります。日付より小さい時刻の部分をシリアル値で表すと、春分の日の場合は0.8431、秋分の日の場合は0.2488になります。

 これらの数値を求めたい年から1980年を差し引いた値で乗算し、そこから1980年から求めたい年の差分を4で割ったものを差し引き、さらにINT関数によってそれぞれの値を整数にすることによって、それぞれの日付を求めることができます。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
60秒でできる!Microsoft Excel Tips集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/865 2008/12/04 11:51

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング