Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NECが内部統制支援機能を強化した統合ID管理ソフトウェアを発売

  2008/12/11 16:44

NECが、内部統制対応支援機能を強化した統合ID管理ソフトウェア、

「WebSAM SECUREMASTER/EnterpriseIdentityManager Ver.3.0(ウェブサム・セキュアマスタ/エンタープライズ・アイデンティティ・マネージャ)」を製品化、12月12日より販売開始することを発表した。

 新製品では、IDとアクセス制御の集中管理により、内部統制の強化とコスト削減が可能となっている。また、内部統制における監査対応を前提に、証跡管理機能を強化している。

 主な強化内容としては、下記の2つ。

1.監査対応時のシステム管理者の負荷を軽減
 人事データと業務システムのアカウントを照合しID管理が適切に行われているかを確認するとともに、その記録をID管理の適正性の証拠として利用可能とする監査対応支援機能(ID棚卸し)。

2.Active Directoryとの連携アカウント管理を強化
 マイクロソフト社のActive Directoryと連携し、アカウント管理・証跡管理を容易にするADアカウント管理機能の2つの機能を搭載。

 これにより、IT全般統制の重要項目のひとつである「システムの安全性確保」を実現し、監査に関するシステム管理者の負荷を軽減するという。

 IT管理やアクセス管理の製品は、海外ベンダ製品が多い。この中で、WebSAM SECUREMASTERは、国産ベンダの自社開発製品として提供し、日本組織特有の要件(深い組織階層、一斉の人事異動、兼務など)に合った運用管理を可能としているのが特長といえる。

 新製品の提供価格は最小構成で278万円(税別)から。

 NECでは、このたびの強化により、SECUREMASTERのID管理システムに関し今後3年間で30億円の販売を見込んでおり、また、これに併せて、統合ID管理システムの環境構築を支援する専任のSI構築支援体制を、現在の50名から順次拡大していくという。

【関連URL】
SECUREMASTERに関する情報
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5