Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「SQL Server」記事一覧

SQL Server

124件中21~40件を表示
  • 2014/10/31

    メモリリークの怪

     社内のメーリングリストに「SQL Serverプロセスがメモリリークしていて、調査を助けてほしい。」というメールがとんできました。よく読んでみると、どうやら、過去に私が担当したことのあるお客様の環境のようです。

  • 2014/10/28

    db tech showcase 東京 2014、小幡さんと新人女子たちが語る今年の見所

     インサイトテクノロジーはdb tech showcase Tokyo 2014を11月11~13日に開催する。トータルで7回目。主催の同社社長 小幡一郎氏にイベントの趣旨などを聞いた。

  • koga.gif
    2014/10/10

    根深かったNUMAの問題 Part 2

     SQL Server 2012の時と違うのは、急激なメモリアロケーションだけで、解放処理が行われていないことです。Standby Cacheが溜まっていることから、前回と同じようにNUMAに関する問題の可能性が高いのですが、SQL Server 2012では、メモリマネージャが大きく変わっているので、これは異なる問題です。この問題を調査するには現象を再現させて、詳細を調査するしかないと思いました。

  • koga.gif
    2014/09/19

    根深かったNUMAの問題 Part 1

     ある日、お客様から「SQL Server 2012が異常な動作をする。」と報告を受けました。パフォーマンステストをしていると、突然、急激なメモリの確保と解放が発生し、この間ユーザートランザクションのスループットが低下してしまうらしいのです。

  • mskitagawasan.gif
    2014/09/12

    機械学習で予測モデルをつくってみよう、の巻

     ご無沙汰しております。マイクロソフト北川さんに、最新データベースの動向をうかがうというこのコーナー(そんなコーナーでしたでしょうか)。今回はマイクロソフトの機械学習機能、Azure Machine Learningについてうかがってきました。

  • koga.gif
    2014/08/21

    謎の5180エラー

     お客様からエラー5180が発生したとの連絡を受けました。このエラーは、参照しようとしたFCB(ファイルコントロールブロック)のファイルIDが不正だったことを示しています。

  • dboltanikawa.gif
    2014/07/08

    クラウド一番勝負!オラクルとマイクロソフト、それぞれの戦略の違いを読む

     先週は日本オラクルと日本マイクロソフトが、新年度の戦略説明会を開催した。どちらも重要なキーワードは「クラウド」。とはいえ、そのアプローチにも現状にも大きな違いが見て取れる。

  • 5841_a.jpg
    2014/05/21

    ムッシュ登場!「ノウハウは私蔵しない」―MVP for SQL Server 小澤真之さん

     今回のDBプロはMicrosoft MVP for SQL Serverであり、SQL Serverをテーマにしたブログ「SEの雑記」の筆者でもあり、SQL Serverの勉強会コミュニティSQLTOの運営も行うなど、SQL Serverを中心に幅広く活動している小澤真之さん。今はフリーランスでSQL Serverを中心とした案件に引っ張りだこ。コミュニティでは「ムッシュ」と呼ばれ親しまれている。最近ではAzureの活動や案件も増えているのだとか。

  • azure.gif
    2014/05/20

    「わたしたち、Azureで災害対策しました」(後編)

     Azure座談会の最終回。AzureとAmazon Web ServicesでSQL Serverを動かすときの違いは何か。さらには、クラウドSIを行う立場のエンジニアとしては、今後Azureにどんな進化を期待するのか。前回に引き続き、システム コンサルタントのエンジニアの方々に話を訊いた。

  • azure.gif
    2014/05/13

    「わたしたち、Azureで災害対策しました」(前編)

     クラウドを活用する際には、さまざまな形がある。注目されている1つが、災害対策での利用だろう。今回は、実際に顧客の基幹システムの災害対策をMicrosoft Azureを使って構成した事例について、実際にそのSI部分を担当したシステム コンサルタントのエンジニアの方々に話を聞いた。こういった構成を取る際の、リアルな課題などについて紹介する。また、Azure上でさまざなシステムを動かしていく際にどういうポイントに注意して構成設計すればいいのか。さらには、今後のAzureへの期待についても話を聞いた...

  • 5821_a.jpg
    2014/05/07

    SQL Server 2014登場、鍵は「インメモリ」「ハイブリッドクウラド」「データの民主化」

     日本マイクロソフトは4月18日、「SQL Server 2014発売記念フォーラム」を開催した。キーノートでは、米マイクロソフトでコーポレートバイスプレジデントを務める沼本健氏が「インメモリ機能」「ハイブリッドクウラド」「データの民主化」をテーマに、SQL Server 2014の特徴を紹介した。

  • azure.gif
    2014/04/15

    クラウドが万能なはずはない!Azureの弱点を暴け(後編)

     Windows AzureでSQL Serverベースのシステムを運用する際の弱点を明らかにする―そんなきっかけで始まった座談会だが、前回のところまででネットワーク部分については課題がありそうだと分かった。後編ではクラウドで使うならばどんな構成がいいのか、さらにマイクロソフト社製以外の管理ツールなりを使いたいときにはどんな課題があるのかといったところにまで話は広がった。

  • koga.gif
    2014/04/11

    CPU使用率が高い?―謎のスパイクを追え!

     過去に担当した案件を漁っていて、「そういえば、こんなことあったなぁ」というものを見つけました。SQL Serverが稼働しているサーバーのCPU使用率が、なぜか定期的にスパイクするというものです。

  • azure.gif
    2014/04/08

    クラウドが万能なはずはない!Azureの弱点を暴け(前編)

     いくらMicrosoft Azureがマイクロソフト純正のクラウドサービスだとは言え、既存のオンプレミスのシステムを移行しようとすればそれなりに苦労することがあるはず。ベンダーは良いこと、できることばかりを言いがちだが、むしろ難しいこと、できないことを明らかにすれば、これからクラウドへ移行したい人には大いに役立つ情報となるのでは。そう思い前回の座談会に臨んだが、思ったほど苦労がなくスムースに進んでいる話に。たしかに昔は情報が少なかったり、できないこともあったりしてそれなりな苦労が必要だった。し...

  • dboltanikawa.gif
    2014/03/24

    これからはインメモリデータベースが当たり前になる/構造のないデータなんて存在しない

     今回はDB Onlineらしくデータベースの話題を2つ。先週、マイクロソフトはSQL Server 2014がRTM(Release To Manufacturing)となり、4月1日から提供開始することを明らかにした。4月18日に新製品のお披露目イベントが開催される予定なので、日本でも間もなく正式版を購入できそうだ。

  • koga.gif
    2014/03/19

    めんどうくさいSQL Serverのデバッグ

     ある時、SQL Serverがメモリダンプ出力したのでそれを解析してほしいという話が来ました。SQL Serverは、access violationなどのエラーが発生すると障害解析用にメモリダンプを出力するのです。

  • azure.gif
    2014/03/17

    僕らがWindows Azureに望むこと

     前回は、既存の環境をパブリッククラウドのWindows Azureに移行する際に、気をつけておいたほうがいいというポイントを中心に話題が展開した。今回は、OSS系のアプリケーションを動かすために、Windows Azureにはこうなって欲しいという話題から、ハイブリッドなクラウド環境をどう捉えたらいいのかという話題に発展。さらに、マイクロソフトへの要望も盛りだくさんに。司会進行は谷川が務め、原稿執筆は加山さんが行った。

  • azure.gif
    2014/03/11

    正直な話、Windows Azureって、どうですか?

     新規システムは、オンプレミスではなく、まずはパブリッククラウドで実現する―。そんな「クラウドファースト」な考え方が、定着しつつある。とはいえ、パブリッククラウドにもさまざまなものがあり、どのベンダーのIaaSにするのか、あるいはPaaSにすればいいのかの選択はかなり悩ましい。とくに、データベースのように重い処理をするシステムは、現時点で本当にクラウドに移行して大丈夫なのだろうか。今回は、実際に自社製品をWindows Azureに対応させたシックス・アパートのエンジニアである柳下氏、高山氏、さ...

  • mskitagawasan.gif
    2014/02/25

    ビッグデータの民主化とは。

     「全社員データサイエンティスト」に引き続き、最近では、「ビッグデータの民主化」を掲げているマイクロソフトさん。具体的にはどういったことなんでしょうか。

  • yagishita_a.jpg
    2014/02/24

    シックス・アパートに訊く、「Movable TypeをWindows Azureに対応させて分かったこと」

     システム更新や新規構築などの際に、プラットフォームとしてまずはクラウドコンピューティングを検討する。このような「クラウドファースト」の考え方が、当たり前になりつつある。まずは、クラウドで実現する、そうすることでどのようなメリットがあるかを検討する。カスタムアプリケーションならば、決断さえすれば今やあまり悩むことなくクラウドに移行できるだろう。しかしながらベンダー提供アプリケーションの場合は、選んだクラウドサービスの上で動かすことが正式サポートされているかどうかが気になる。

124件中21~40件を表示
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5