EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ベリサインのECC(楕円曲線暗号)対応版SSL証明書をディレクターズが世界初導入

  2013/06/07 11:00

2013年2月、新たに提供することが発表されたシマンテック ベリサインのECC(楕円曲線暗号)対応SSL証明書。この新たな暗号方式を採用したSSL証明書を、世界で最初に導入した株式会社ディレクターズの事例が、2013年6月6日に発表された。ディレクターズはホスティングサービスを提供する企業であり、サーバー証明書の取得代行も行っている。同社が今回ECC対応のSSL証明を導入したのは、メディア事業として展開している上場企業ポータルサイト「kmonos.jp(クモノス)」と、ブログサイトの「サーバーエンジニア日記」の2つだ。

ECC対応のSSL証明を「kmonos.jp」「サーバーエンジニア日記」に導入

 kmonos.jpは、主に就職活動を行う就活生が企業情報収集などを目的に利用しており、月間ページビューが130万ほどあるサイトだ。就職活動のピークである4月ころにアクセス集中が発生し、同時SSLコネクション数が飛躍的に増加する傾向があった。ディレクターズでは、このアクセス集中の問題を解決するために、新しいネットワーク機器やWebサーバー導入も検討されていた。

 株式会社ディレクターズ 代表取締役の加藤 慶氏
株式会社ディレクターズ 代表取締役の加藤 慶氏

 しかしながら、ECC対応のSSL証明書の提供がシマンテックより始まることを受け、新たな機器導入などではなくこれを採用することでサーバー負荷低減を図ることにしたのだ。

 同社が、実際にkmonos.jpのWebサーバーApacheを利用した環境で、ECC対応SSL証明書の利用を検証したところ、およそ46%のCPU使用率低減の効果が確認された。さらに「応答時間も7%改善されました」と株式会社ディレクターズ 代表取締役 加藤 慶氏は言う。

 ECCは従来のRSAよりも複雑な暗号方式であり、暗号強度は高い。同様な暗号強度をRSAで得ようとすると、鍵が長くなり、複合化には相当なCPU処理能力が必要となる。ECCは短い鍵で高い暗号強度を実現でき、サーバー負荷も少なくなるというメリットがある。今回のディレクターズの結果でも、まさにECCの特長を証明している。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5