EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ストレージコストに悩む中小企業の担当者に朗報、仮想化用途にも最適なQNAP Turbo NAS

  2013/12/10 00:00

 中小企業のIT部門が悩むのはストレージの選択基準。エンタープライズ系では高価すぎ、コンシューマ系では不安という担当者が多い。その中間に位置する台湾のQNAP Systems社の製品は、仮想化用途にうってつけだと語るのは、仮想化やオープンソースのエキスパートの宮原徹氏。QNAP日本代理店のフォースメディアと語ってもらった。

仮想化で馬鹿に出来ないのはストレージコスト

日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 宮原徹
日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 宮原徹

 宮原:一般的にNASというとファイルサーバーというイメージがありますが、最近では仮想化のストレージとしても採用されつつあります。その1つにQNAP Turbo NAS (以下QNAP) があると聞いています。まずはどのような製品なのでしょうか。

 池田:QNAP社はストレージを提供している台湾の企業で、私たちフォースメディアはQNAPの日本における正規代理店をしています。QNAPのストレージはハイエンドの大規模向けとコンシューマ向けの中間に位置しており、ここ3年ほどで急速に伸びてきています。昨年あたりから本格的に仮想化にも対応してきました。上位機種の機能をリーズナブルな価格で提供していることもあり、知名度と信頼度が高まってきています。

 宮原:仮想化用途としてはどのあたりが差別化できますか?

 池田:まずは広帯域への対応です。QNAPですとデスクトップの4ベイモデルから10GbE Readyとなっています。一般的なハイエンド機種と同様の広帯域がカード1枚挿せば利用可能となっており、費用的な効果が大きいです。サーバーを複数台並べたり、ユーザーが快適に使うには遜色ありません。

 宮原:いま仮想化を検討しているのはどのような規模やケースでしょうか?

 池田:VDI(デスクトップ仮想化)ですと50~100ユーザー、ファイルサーバーなら10~150TBをお求めになるお客様が多いようです。企業内のストレージももちろんですが、大学からの引き合いも多いです。ハイエンドの機能がほしいが、コスト的に抑える必要があるところから注目されています。

 宮原:コストパフォーマンス的にバランスがいいのですね。

 池田:まさにその通り。私から見るとQNAPの良さはコストパフォーマンスです。2000万円台クラスの機能や性能を1/3~1/4の価格で提供できます。エンタープライズでの採用を目指していますから、性能もまだ伸びていくと期待できます。まだエンタープライズ領域での知名度は低いですが、SMBで着実に実績を積むことで将来的にはエンタープライズにも進出できると考えています。

 宮原:大企業ですとサーバーを大量に抱えていたので仮想化によるメリットは大きく、仮想化が進行しました。中小企業は「まだこれから」という印象です。中小企業からすると「コストは抑えたいが、可用性、信頼性、運用面でさほど妥協したくない」と考えています。そういう点ではQNAPはコストと性能で折り合いがつき、SMB向けとはいえ10GbEにも対応してるなど将来の拡張性の余地もありますから、先見性があり、いい差別化要因となりますね。

 池田:エンタープライズ領域をターゲットとしているメーカーがSMB向けに「下に降りてくる」のとは対照的に、QNAPはSMB領域からエンタープライズに向けて上を目指しています。実はこういう企業はそう多くありません。SMBやコンシューマをターゲットとしたメーカーですと、開発やハードウェアの都合でエンタープライズを目指しにくいですから。我々はQNAPの「確実に上を目指している」という姿勢に期待しています。なかでも仮想化へのチャレンジはほかが着手しないところでもあり、今年大きく伸びているところです。

 宮原:確かにハイエンドを提供しているベンダーさんだと、機能を落とすとか、利益率などを考えるとなかなか下に降りてこられないですね。コストや機能が「高止まり」しているイメージです。近年仮想化を見ていると、ベンチャー企業の進出が目立ちます。

 最近のキーワードにはSDS(Software Defined Storage)があります。ストレージもソフトウェアで制御するというものです。インテルアーキテクチャのサーバーを用いればコストを低く抑えられます。まだ「SDS」という用語は普及していませんが。流れとしては確実でしょうね。QNAPも間違いなくその流れにあると思います。

クラウド時代のストレージの条件

株式会社フォースメディア 代表取締役社長 池田譲治
株式会社フォースメディア 代表取締役社長 池田譲治

 池田:宮原さんは昨今のクラウド時代のストレージをどう見ていますか?

 宮原:コモディティ化は避けられないと考えています。ビックデータというキーワードで考えると、かつては不要なデータは消していましたが、今では大量のデータから分析するようになり、ローコストでハイパフォーマンスのストレージが求められています。選択肢はAWSのような低コストなクラウドストレージサービスか、低価格のNASを上手に使うかのいずれかです。もうテープでは追いつきませんから。

 バックアップも変わってきています。仮想化環境のバックアップは仮想化環境ごとにカプセル化し、いざという時はつなぎなおして運用を継続します。これまで業務系のストレージベンダーがこのような機能を提供する場合ですと、特殊なハードウェアやソフトウェアが必要となるのでオプションになり、価格が跳ね上がりがちです。SDSだとこうした機能を比較的カジュアルに使えるようになると期待しています。

 池田:SMBのユーザーには敷居を低くするのも大事です。機能を細かくオプションで提供するより、容量と性能と機能のバランスで価格を分けていく製品のほうが分かりやすいようです。

 宮原:そうなるとコンサルタントとしても提案しやすいです。SMBでは仮想化未経験であったり、スキルのある担当者がいない、そもそも専任の担当者がいない企業もあります。複雑な説明や選択肢があるとかえって分かりづらい。必要な機能は「あらかじめ全部入っています」として提供したほうが受け入れられやすいです。

 池田:SMBにとっては仮想化はまだハードルが高く、仮想化への移行はこれからと考えています。その分、成長の余地があると見ています。

 宮原:大企業ですと大量のサーバーを抱えていたので、仮想化するだけでサーバーの台数を減らせてコスト的なメリットが明確でした。次はSMBですが、ここは「運用コストが下がる」というインセンティブがなかなか働きません。一般的にSMB向けへの提案ではストレージのコストが4割程度を占めており、お客様からすると割高感があるようです。仮想化することで無停止や耐障害性というメリットが得られるとしても、コストが見合わないということで仮想化を踏みとどまってしまうケースがまだあります。

 池田:やはり壁は初期投資ですね。

 宮原:SMBからしたら「仮想化ですからストレージは多めに」というのは理解できても、全体で1000万の見積の中にストレージが100万程度なら受け入れられるとしても、500万と出されると尻込みしてしまいます。

 池田:QNAPには幅広くラインナップがありますが、150~300万あたりの製品が受け入れやすい価格帯のようです。

 宮原:SMBからすると「1000万クラスでは5年償却は無理です」という感覚ですからね。

 池田:ただ日本は諸外国と異なり、ある程度価格が高くないと信頼されないという側面もありまして(苦笑)。


著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。 Webサイト:http://emiekayama.net

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5