EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マカフィーとラック、AWS利用企業向けにセキュリティ対策で協業

  2017/11/09 16:00

 マカフィーとラックは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の利用企業向けに、マカフィーが日本市場向けに提供するクラウド向け次世代IPS(侵入検知システム)と、ラックが提供するセキュリティ監視センター「JSOC」が技術連携したセキュリティソリューション「MSS for McAfee Network Security Platform」で協業し、2018年2月下旬より提供を開始すると発表した。

 マカフィーは、AWSの利用企業向けに、次世代IPS「McAfee Virtual Network Security Platform(vNSP)」を提供している。AWS環境に適用した「McAfee vNSP」は、一般的なホスト型の対策やネットワーク型の対策とは異なり、両方のメリットを活用したハイブリッド型の対策を採用していることに特徴がある。

 これにより、防御対象のホストへの負担の軽減、シンプルなネットワーク構成、Auto Scalingへの対応が可能にする次世代型IPSとして、オンプレミス、クラウド問わず存在するセキュリティリスクから、企業の重要な情報資産を保護するという。

 ラックは、AWSパートナーネットワーク(APN)にコンサルティング・パートナーとして参加しており、企業のAWS上でのワークロード構築・運用を支援することができる。今回、「McAfee vNSP」の日本市場への提供開始を受け、JSOCマネージド・セキュリティ・サービスが、24時間365日体制で不正侵入防止、Webアプリケーションの保護、ゼロデイマルウェアの検知、ワークロードの分離などのセキュリティ運用サービスを提供する。

 両社は今回の協業により、次の内容に取り組むとしている。

  • マカフィーより、「McAfee vNSP」ならびに技術的サポートをラックに提供
  • ラックより、高いセキュリティ要件を求めるAWS利用企業向けに「McAfee vNSP」を活用したマネージドセキュリティサービスを提供
  • 両社より、AWS利用企業向けにセキュリティ構築・運用に関するコンサルティング サービスを提供
  • AWSの協力のもと、両社が主催したパートナー/ユーザー向けセミナーの開催

「AWSに最適化されたIDS/IPSで、重要性が増すAWS環境のセキュリティを強化していく」
写真左から、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナーアライアンス本部 本部長 今野 芳弘氏、
マカフィー株式会社 代表取締役社長 山野 修氏、株式会社ラック 代表取締役社長 西本 逸郎氏

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5