EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本HP、クラウドコンピューティングのための製品群を強化

  2009/02/09 16:00

9日、日本HPは、拡大するクラウドコンピューティングの市場とニーズに対応するため、運用管理ソフトウェア3製品、x86サーバー1製品と、アセスメントサービスの新バージョンについて発表した。

 HPでは、クラウドコンピューティングを、インターネット経由でサービスを提供するサービスプロバイダ向けのエクスターナルクラウドと、社内向けIT環境を意識したインターナルクラウドの2つに分類し、主にインターナルクラウドに向けた製品を展開していた。

 運用管理ソフトウェアについて、「HP Insight Dynamics - VSE 4.1」「HP Insight Orchestration」「HP Insight Recovery」を発表した。HP Insight Dynamics - VSE 4.1は、サーバーのリソースを解析し、プロビジョニングを行う統合管理ソリューションシステムだ。仮想化ハイパーバイザとしてWindows Server 2008 Hyper-V、VMware ESXiの対応が追加された。

 HP Insight Orchestrationは、複数サーバー機能を統合化するテンプレートを生成してくれる。HP Insight Recoveryは、名前のとおり、仮想化リソースのレプリケーション、リカバリを管理する。

 ハードウェアとしては、スケールアウト環境向けの「HP SE2120」が新たに追加された。これは、サービスプロバイダの要望に応えるため日本専用モデルだそうだ。ホスティング事業者向けに省電力、省スペースが特徴だ。NECにも類似のモデルがあるが、1Uラックに独立したノードが2台搭載されている。

 導入支援サービスでは、顧客のIT環境を無償で分析、可視化する「アダプティブ・インフラストラクチャ成熟度モデル Ver.2」が発表された。

 クラウドコンピューティング導入をサポートするため、ソリューション、サービス、製品、アウトソーシングまで全社横断でサポートする「NGDCイニシアティブ」と呼ばれるタスクチームを編成する体制を整えたという。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5