SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本プログレス、SOAベースの大型エンタープライズアーキテクチャを構築

 日本プログレスは10日、製薬企業の日本ベーリンガーインゲルハイムに、バルキー・インフォ・テックと協業で、同社のSOAベースのアプリケーション統合ミドルウェア「Progress Sonic ESB(Sonic ESB)」を、導入したと発表した。Sonic ESBを活用したシステムは2009年1月より本格稼動を開始している。

 日本ベーリンガーインゲルハイムでは、新たなERPシステムを既存システムと連携させるための基盤としてESB製品の導入を決定。オープン系と汎用機が混在する環境でのマスターデータ管理や、既存システムへのトランザクションデータの自動即時反映、社内外のシステムにまたがるビジネスプロセスの自動化といった要件に対し、信頼性や可用性などの観点を考慮した結果、Sonic ESBを採用するに至ったという。

 プロジェクトでは、Sonic ESB製品の提供と導入コンサルティングを日本プログレスが、ESB上のアプリケーション開発をバルキーがそれぞれ担当。協業の結果、約1年の構築期間で数10種類ものビジネス・アプリケーションの統合を実現した。

 導入の結果、Sonic ESBに接続する全てのシステム間でマスターが連携し、それぞれが常に最新状況を保持できるようになったほか、異なるビジネス・アプリケーション間でリアルタイムにトランザクションデータを連携させることが可能になった。

 また、オープンなインタフェースを実装した統一基盤を用いたことで、ITアーキテクチャのガバナンスが強化された。Sonic ESBの開発においては、SOAの概念に基づき、サービスコンポーネントの再利用を重視した設計・実装を行うことで、従来の開発手法に比べて開発生産性を大幅に向上したという。

 日本プログレス 代表取締役社長 田上一巳氏は「今後は、既存システムを有効活用したシステム連携の必要性がますます高まり、Sonic ESBの大型導入が増えてくるものと考えています」と、今後の見通しを述べている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1208 2009/02/10 18:29

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング