SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

さくらインターネット、大阪堂島センターを増床 ― 収容効率と省エネに配慮

 さくらインターネットは、大阪2か所、東京4か所にインターネットデータセンターを配置し、ホスティングサービスを展開しているが、このたび大阪市北区にある堂島データセンターのフロアを増床し、18日から運用を開始した。

 新しいフロアには82基のラックが増設され、センター全体のラック数は641基となる。新設ラックは特注製品で、前後からサーバーをマウントできるタイプだ。これにより単純な収容効率は2倍となるが、増えるサーバーに対して空調対策も新システムを導入した。採用されたのは、NTTファシリティーズの技術である「アイルキャッピング空調システム」で、これはラック前後の通路を覆い冷気を効率よく送り込む方式となっている。

 一般にデータセンターの消費電力の40%は空調システムにかかるといわれているが、このシステムにより空調効率は20%向上したという。また、ラックの収容効率が上がっても実際には電源容量の制限がネックになることが多いが、さくらインターネットでは、省エネ小型サーバーも新たに自社開発した。これは、1Uサイズを前後、左右の4分割まで可能な小型サーバーで、Atomプロセッサを利用して低消費電力を実現している。1Uクォーターサーバーでは、1ラックあたり最大で160台のサーバーがマウントできる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1224 2009/02/18 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング