SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTデータら10社が出資するトレードワルツが「LaKeel DX」を導入 貿易DXの実現を加速

 ラキールは、貿易業務の完全電子化を目指してNTTデータら10社が共同出資するトレードワルツが「LaKeel DX」を導入すると発表した。

 トレードワルツは、貿易業務の様々な課題を改善する完全電子化に向けて、データ層ではブロックチェーン基盤を活用することとしたが、アプリケーション層と連携させることが必須だったという。そこでアプリケーション層として、疎結合のアーキテクチャで柔軟性が高く、アジャイル開発に向いているという点で「LaKeel DX」を採用したという。

 同社は、NTTデータを筆頭に、東京大学協創プラットフォーム開発、三菱商事、豊田通商、TW Link(兼松JV)、東京海上日動火災保険、三井倉庫ホールディングス、日新、三菱UFJ銀行、損害保険ジャパンの10社の共同出資により設立され、貿易プラットフォーム「TradeWaltz」の構築に従事しているという。

 今後トレードワルツでは、機能部品を再活用したオフショア開発を導入することで、更なる新規事業への展開・転用のコスト削減を目指しているという。

「LaKeel DX」の4つのポイント

【関連記事】
NTTデータなど4社、デジタル通貨を活用した新たな貿易決済の実用化に動く
りそなHD・NTTデータ・日本IBM、金融プラットフォームを提供する新会社「FinBASE」設立へ
NTTデータ、軒並み好調で3月期の業績予想を上方修正【2022年3月期第3四半期決算】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15592 2022/02/18 18:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング