SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Elastic、日本法人の体制強化へ オブザーバビリティやセキュリティでの活用を促す

 5月24日、Elasticは事業戦略説明会を開催した。

Elastic 最高経営責任者(CEO)Ash Kulkarni(アシュ・クルカルニ)氏も参加した

Elastic 最高経営責任者(CEO)Ash Kulkarni(アシュ・クルカルニ)氏も参加した

 企業をめぐる現況として、リモートワークをきっかけとしたBtoCでの取引量が伸びており、製造業でもIoTを活用した稼働データの取得が活発化。また、地方自治体ではスマートシティの実証実験も盛んに行われるなど、データやログが急増しているという。同社 日本法人代表 山賀裕二氏は「ビジネス価値への転換を期待されるタイミングにきている」と述べる。

 一方で、ハイブリッドクラウド環境での運営が可能になっただけでなく、マイクロサービスやコンテナの発展により、ログなどが各環境に閉じてしまっているという。そのため、昨今注目を集めているオブザーバビリティの重要性は高まっており、同社の「Elastic Observability」を活用できる。

[画像クリックで拡大]

 山賀氏は、「あらゆる場所に存在する様々なデータをリアルタイムにElasticに投入することができる。これは、OSSとして発展してきた当社ならではの強みです」と説明。投入されたデータは各データノードに格納され、複数サーバーに水平分散されるため、スケーラビリティを確保できるとした。

 さらに、同社は「Elastic Security」などでセキュリティ管理での活用にも注力してくという。組織内のあらゆるデバイスやソフトウェアのログを扱うため、リアルタイムかつ大量のデータを扱わなければならない。加えて、経済的な合理性を担保できることが重要となってくる。こうしたニーズに対しても同社は対応ができ、EDRのようなエンドポイントセキュリティにおいても役立てられるという。

[画像クリックで拡大]

 今後日本法人としては、パートナー・エコシステムの拡充にも力をいれていき、各クラウドベンダーが提供するネイティブサービスとの連携も拡充。また、Elascticコミュニティへの支援強化にも努めるとしている。最後に山賀氏は、「営業やインサイドセールスなど、日本法人における体制も充実させていきたい」とした。

[画像クリックで拡大]

【関連記事】
コロナ禍で影響力増大【Elastic ITリーダーの役割に関する調査】
Dell EMC、エンタープライズ向けオブジェクトストレージ「Dell EMC ECS」最新バージョンを発表
ネットワールド、Big-Data-as-a-Serviceを実現する基盤ソフトウェア「BlueData EPIC」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16032 2022/05/24 15:11

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング