SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本テレビ、グループ24社のセキュリティ対策を明らかにするために「Secure SketCH」を導入

 NRIセキュアテクノロジーズ(以下、NRIセキュア)は、日本テレビ放送網(以下、日本テレビ)が、企業のセキュリティ対策状況を評価するためのプラットフォーム「Secure SketCH(セキュアスケッチ)」を採用・導入したと発表した。

タイトル

 日本テレビはグループ全体のセキュリティレベル向上のために、セキュリティソリューションの導入を検討していたが、グループ各社は企業規模も様々で、セキュリティ対策にかけられる人材や費用等のリソースに差があったという。まずは各社におけるセキュリティ対策状況を明らかにする必要があった。

画像を説明するテキストなくても可

「Secure SketCH」GROUPSプランを用いた、複数組織のセキュリティ評価のイメージ

[クリックすると拡大します]

 そこで採用されたのが、複数企業の総合的なセキュリティ評価と管理をクラウド上で完結できる「Secure SketCH」GROUPSプラン。このプランの導入により、グループ24社のセキュリティ対策状況が、得点や偏差値として可視化され、グループ内での相対的な評価も行えるようになったとしている。

導入後の主な効果

  • 各社のセキュリティ対策状況を確認するための設問の、回答依頼・収集・分析までをクラウド上で完結できるため、グループの統括部門と各グループ会社双方にかかる作業負担を軽減
  • Secure SketCHの統一指標で評価することで、グループ24社の横比較が可能になった結果、対策の最適化につながるとともに、セキュリティ対策に対する各社のモチベーションが向上
  • グループ各社でノウハウを共有し合う等、各社が自律的にセキュリティ対策に取り組めるようになり、グループ全体のセキュリティレベルが改善

【関連記事】
ラック・NRIセキュア・GSXが会員制団体「サイバーセキュリティイニシアティブジャパン」を設立
NRIセキュア、宇宙商社「Space BD」のシステムをゼロトラストモデルで構築支援
ゼロトラスト製品導入で米豪に後れか――NRIセキュア【情報セキュリティ実態調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16400 2022/07/29 12:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング