SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

損害保険ジャパンら3社、大規模自然災害時の保険金早期受け取りに向けアプリ構築を開始

 損害保険ジャパン、Palantir TechnologiesJapan(以下、Palantir)、ABEJAの3社は、大規模自然災害発生時の業務オペレーションの改善を目的とした「災害対応プロジェクト」を4月に組成し、大規模自然災害の事故・保険金データの収集・統合と、アプリケーションの構築を開始した。

 同災害対応プロジェクトは、福島県沖地震をきっかけに組成。PalantirのプラットフォームであるFoundryを活用して、散在するデータを1箇所に収集・統合し業務プロセスに合わせて再構築することで、業務を効率化するアプリケーションを開発した。4月末から約2ヵ月間にわたって宮城県の災害対策本部で実用性を検証するトライアルを実施し、全体の約21%の事務の効率化を実現したとのこと。これにより、顧客の保険金の受け取りが3~4日早くなることが見込まれるという。

保険金支払い書類の点検
[画像クリックで拡大表示]

 3社は今後、効果が実証された地震だけでなく、風災、ひょう災、水災、雪災など他の自然災害発生時にも使用できるよう同アプリケーションを改良することで、災害対策本部での活用も想定しているという。災害対策本部を設置する際には、早期に保険金を届けることで被災者の一日も早い生活再建に寄与するとしている。

【関連記事】
日立、災害状況を高精度に解析できるAI技術を開発
Arcserve Japan、災害に備えた2つのクラウドバックアップサービスを国内で販売開始
コーソル、「Oracle DB向け災害対策サービス」を開始し災害対策製品の移行を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16446 2022/08/15 15:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング