SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ドラレコデータをRPA技術で道路点検に活用へ 古河電工が大阪府と共同開発

 古河電気工業(以下、古河電工)は大阪府と共同で、道路の附属物点検支援実証実験を開始すると発表した。ドライブレコーダを搭載した車両を走行させ撮影した動画データと、古河電工独自のRPA(Robotic Process Automation)技術を用いた道路附属物維持管理ソリューション「みちてん」シリーズにより、道路附属物のデジタル台帳(点検表)を自動作成し、維持管理のデジタル化と業務効率化を支援するとしている。

 国土交通省は、2014年の「道路の老朽化対策の本格実施に関する提言」以降、標識や照明などの道路附属物の点検要領を示しているものの、数が膨大で業務負荷が高く、点検実施率は低い状況だという。

 このような状況から、同省はインフラメンテナンス国民会議近畿本部フォーラムを通じて道路管理者の課題(ニーズ)と民間企業の最新技術(シーズ)のマッチングを行っている。

 大阪府は同フォーラムにおいて、デジタル技術を活用した道路附属物の効率的な台帳整備や維持管理の手法を求めていたところ、同社の「みちてん」シリーズにより課題解決の可能性が示されたことから、今回の実証実験に至ったという。

 実証実験では、2020年に国から大阪府へ移管された国道176号の兵庫県境~大阪市境の区間約12.3kmに点在する標識と照明を対象とし、11月よりドライブレコーダーを搭載した車両で走行。

 取得した動画データを「みちてん」シリーズによって解析を行い、対象施設の位置情報を抽出し、デジタルの点検表(施設諸元)および一覧表リストを自動作成する。

 同社は道路情報に特化した独自のDX技術を用いた「みちてん」シリーズによって、人手不足やコストなどの課題を解決するとともに、デジタル化によるデータの蓄積で業務の質向上に貢献していくとしている。

【関連記事】
日本企業の62%がRPAプロジェクトをスケールアップする予定と回答──UiPath発表
ダイキン工業、RPAで年間10万時間の作業を自動化 TISが推進パートナーとして支援
物流現場の紙帳票をデジタル化 RPAホールディングスと鴻池運輸が共同出資企業で提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17063 2022/12/12 09:58

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング