SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

四国ガス、「お客さまセンター」と基幹システムとのデータ連携基盤として「DataSpider」を採用

 アシストは、四国ガスが、「お客さまセンター」と基幹システムとのデータ連携基盤として、アシスト提供のEAIツール「DataSpider Servista(以下、DataSpider)」(開発元:株式会社セゾン情報システムズ)を採用したと発表した。

 四国ガスは2019年よりDXに着手。当時、業務効率化と顧客へのサービス向上を目指して設立予定だった「お客さまセンター」でもSalesforceの導入が決定し、契約者情報を活用するために基幹システムとのデータ連携が求められていたという。そこで、既に社内で実績のあるDataSpiderをデータ連携基盤として採用し、DataSpiderのSalesforce用アダプタを活用して内製化したとしている。

画像を説明するテキストなくても可
DataSpider Servistaを介したデータ連携図

 これにより、お客さまセンターにおける契約者情報の活用にとどまらず、Salesforceで受け付けたガスの使用開始・中止やガス機器のメンテナンスなどを含む各種申込情報を、基幹システム側で集約して参照することもできるようになったという。

 今後四国ガスは、基幹以外のシステムなどとのデータ連携にもDataSpiderの用途を広げていく予定だとしている。

【関連記事】
アシスト、「AWS標準化検討支援サービス」を提供 アカウント設計やセキュリティ対策など運用支援
アシスト、7月27日より「ExaDB-D構築支援サービス」提供 基盤構築から運用実装までサポート
アシスト、データベース開発支援ツールを提供開始 最新EDBとAWS SQL対応で24億円の販売目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17079 2022/12/07 18:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング