SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

レガシーな環境の近代化を進める必要あり ガートナーがオンプレミスに関する展望を発表

 Gartnerは3月16日、オンプレミスに関する展望を発表した。

 近年、ハイパースケーラーがハイブリッド・クラウドもしくは分散クラウドのソリューションの一部としてオンプレミス・サービスを展開し始めるなど、様々なクラウド・サービスの展開が進んでいる。

 それを受けて、ハイパースケーラーと従来のオンプレミス・ベンダーとの競合が再燃しつつあるという。こうした中、従来型(Old)のオンプレミス・テクノロジは衰退し、クラウド・ネイティブの要素を取り入れた新しいオンプレミス(Newオンプレミス)のテクノロジーへの移行が進むことで、結果としてユーザー企業はオンプレミスの在り方を変えざるを得なくなるとGartnerは予測している。

 そのため、インフラ戦略とイノベーションを率いるITリーダーは、今後Newオンプレミスへの理解を深め備えを強化し、自社システムの将来を考察すべきだという。その上で「目利き力」を獲得するためにも、スキルやマインドセット、新しいスタイルを身に付ける必要があるとのことだ。

 既にオンプレミスかクラウドかを問う時代ではなくなってきていることから、Oldオンプレミス+Oldクラウド、あるいはNewオンプレミス+Newクラウドかの議論がますます重要になっていくとしている。

 また、2022年に富士通がメインフレームからの撤退を発表した影響もあり、レガシー・マイグレーションが再びユーザーの関心を集めている。IBM、NECを除くメインフレーム・ベンダーは基本的に撤退の方向であるため、ユーザーは何らかのマイグレーション計画を立案せざるを得ない状況にあるとのこと。

 一方、メインフレームからオープン環境へのマイグレーションの提案を依頼したものの、想定していた金額よりも遥かに高い見積もりを提示され、多くのユーザー企業でマイグレーションを躊躇している状況でもあるという。

 メインフレームのユーザー数減少にともない、ベンダーから保守料金を大幅に値上げされ、途方に暮れるユーザーがこれからさらに増えるとGartnerは予測。そのためメインフレーム・マイグレーションに関しては、未来に向けたコスト最適化への配慮と戦略的投資の考え方を提案に含めるよう、ベンダーやシステムインテグレーターに要請することが重要だとしている。

【関連記事】
3年後、競争力あるDX実現ができる大企業は1割未満 ガートナーがアプリケーションに関する展望を発表
日本のエンタープライズIT総支出額が28兆5,344億円に達する見通し──ガートナー調査
ガートナー、データ分析責任者が注力すべき3つの最優先課題を発表 CDAOの役割が今後重要と指摘

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17502 2023/03/16 13:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング