SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM Z and Cloud Modernization Stackに新機能が追加へ

 IBMは、IBM Z and Cloud Modernization Stackに、新機能を追加したことを発表した。新機能の主な概要は以下の通り。

z/OS PaaS体験

 自動化されたクラウドネイティブなアプローチにより、カスタムz/OS開発環境の構築を支援する。また新たに、Operator Collection SDKを使用して、これらの機能を独自の自動化で拡張する機能が利用可能となる。また、Red Hat OpenShift Container Platformとz/OSをつなぐ独自のオペレーターを構築するためのリソースとツールを提供するとしている。

セキュリティーで保護されたオープンで標準ベースのAPIを作成

 IBM CloudまたはIBMの業界パートナーが提供するクラウド上で、 Open APIを使用した業界標準APIを通じて、IBM zSystemsアプリケーションとデータへの安全なアクセスを効率的に提供するほか、数分でAPIを作成・利用するための包括的でアジャイルな開発環境を提供するとしている。z/OS Connect をベースに、IBM zSystemsプラットフォームの強みを活かしながら、IBM Cloud Pak for IntegrationのようなエンタープライズAPI管理ソリューションとの統合を提供し、ビジネスに必要な APIを拡張する。

アプリケーション開発とデプロイ向けのクラウドネイティブな経験

 z/OSアプリケーション開発およびモダナイズにクラウドネイティブ・アプローチを提供する。これにより、開発者の生産性を高めるためのスピードとアジリティーの向上に寄与するという。既存のCOBOL、PL/I、Java、Assemblerプログラムを効率的に変更するだけでなく、Python、Node.js、Goなどの新しいプログラミング言語も活用が可能となっている。

 また、標準的な(Git)企業全体のCI/CDツール・チェーンや、パートナーのDevOpsプラットフォームとシームレスに統合することが可能。新しいIBM Wazi Deployを使用し、AnsibleまたはPythonスクリプトを使用して変更したアプリケーションを、z/OS PaaS体験の一部として作成したSandboxテスト環境に展開し、準備が整った後に本番環境にデプロイするとしている。

迅速なアプリケーション解析

 コード変更を迅速に分析することで、アプリケーション変更のリスクを軽減し、顧客が開始する前に依存関係を把握可能となっている。可視化機能を活用することで、依存関係を簡単に共有し、理解することができるとのことだ。

【関連記事】
日本IBM、SaaS型データ利活用プラットフォームを提供 金融機関のデータ分析など支援
SAPのソリューションに「IBM Watson」を組み込みへ
JA共済、「Oracle Cloud EPM」導入で予算管理を高度化 日本IBMが支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17943 2023/06/22 19:25

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング