SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、2024年春から独自LLMを提供へ ビジネスに応じた生成AI利用環境の提供目指す

 NECは、日本語性能を有する同社開発の大規模言語モデル(LLM)「cotomi」を性能強化・拡充し、「NEC Digital Platform」として展開を開始した。具体的には、2024年春から同社が持つ業種・業務ノウハウをもとにした特化モデルを中核に、ユーザーのビジネスに応じて生成AIの利用環境を提供するとしている。

 今回、同社は学習データ量を倍増させることでcotomiを強化。長文処理能力は他社比最大150倍の30万字まで対応可能となり、社内外の業務文書や社内マニュアルなど膨大な量の文書を扱う業務への活用を実現するという。

 また、入力データやタスクに応じてモデルを組み合わせ、新たなAIモデルを創り出す「新アーキテクチャ」を開発中だとしている。パラメータ数の規模を拡大し、機能を拡張できるファウンデーションモデルの確立を目指すとのことだ。具体的には、性能劣化なく小型から大型までモデルサイズを拡大でき、法律や医療などの専門AIや他社やパートナーのモデルを組み合わせるなど、柔軟に多様なAIモデルと連携が可能。

 なお同社では、従来のパラメータ数を上回る1,000億クラスの大規模モデルの開発も並行して開始しているという。これらの取り組みを通じてNECは、生成AI関連事業において今後3年間で約500億円の売り上げを目指すとのことだ。

【関連記事】
NEC、12月よりパートナー企業と協力し製造業DXを推進する「共創パートナープログラム」開始
NECと矢崎総業、複数ロボットの動作プランをAIで自動生成する実験を実施 2025年7月に実導入へ
ファミリーマート、国内約16,500店舗にNECが構築した店舗業務支援システムを順次導入へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18940 2023/12/15 14:55

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング