SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NECは星になる──DX事業強化に向けた価値創造モデル「BluStellar(ブルーステラ)」を発表

 NEC(日本電気)は5月30日、同社のDX事業の核である「NEC Digital Platform」を進化させた価値創造モデル「BluStellar(ブルーステラ)」を発表。様々な領域からメンバーを集めた、約400人体制の横断的事業推進組織を新たに設置し、DX事業を強化していくという。

 Blustellarの名称の由来は、イタリア語で「Blu(青)+Stella(星)」。NEC自身や顧客のビジョン達成に向け、「お客様や社会をリードしていく存在になりたい。夜空で最も明るく輝く星のように、人々と社会が進むべき目印となる星になる」という想いが込められている。また、語末に「r」をつけることで、さらに強く、主役のような意味合いを付け足しているという。

 BluStellarは、同社の中期経営計画達成に向けた成長エンジンと位置づけられている。取締役 代表執行役社長 兼 CEOの森田隆之氏は冒頭、「日本のデジタル競争力は依然として低く、深刻なDX人材不足も解決していません。多くの企業が『現事業の競争力向上』や『ビジネスモデル変革』を目指してDX推進に取り組んではいるものの、十分な成果が出ている企業はまだまだ少ないのが現状です」と述べる。

 Blustellarでは、顧客とともに実現する価値(経営アジェンダ)として次図のように掲げている。

 森田氏は、「NECは、かつてのシステムインテグレーター(SIer)から『システム・バリュードライバー(価値創造をリードする会社)』になる」と説明。旧来のSIerは個別SIや受託、人力といった事業モデルであったが、そこにAIによる自動化、自律化、標準化が加わり、同社はさらなる品質とスピード、さらには企業成長に結びつく“価値創出”を実現できるようになるのだという。

 BluStellarが掲げている3つの原則は以下のとおり。取締役 副社長 Senior EVP 兼 CDOの吉崎敏文氏は、「BluStellarは抽象的な概念やソリューションのことではない」と強調した上で、価値創造モデルを構成する各分野について解説した。

1. AI for all Process:AIをフル活用したビジネスプロセス変革

 構想策定からサービスデリバリー、運用・保守に至るまで、すべてのプロセスにAIを活用する。コンサルティングサービスにおいては、顧客の構想策定を支援するAIコンサルタント約100人を設置。経営アジェンダの解決にデータサイエンスを融合させることで、スピーディな実装を目指すという。また、AIによるプロセスの高度化によりデリバリースピードと生産性を高め、顧客への迅速な価値提供を実現するとしている。

2. AI & Security:先端テクノロジーの集約、AI/生成AIとセキュリティをキーに

 業務プロセス変革を実現する「AI」と、それを含むあらゆる技術の安全・安心な運用に欠かせない「セキュリティ」をキーテクノロジーと捉え、これまで培われてきた同社の先端テクノロジーをBluStellarに集約。サービスへと変換して顧客に提供するという。また、ビジネスとR&D(研究開発)のシームレスな連携を強化し、先端テクノロジーの市場投入スピードを加速するとしている。

3. Collaboration & Co-Creation:オープンなエコシステムによる共創

 AWSやマイクロソフト、オラクル、SAPなどといったグローバルハイパースケーラーとの協業や共創パートナープログラムなど、約400社とのパートナーとビジネスを強化・拡大。また、2025年に向けて社内のDX人材1万2000人創出を目指すという。加えて、社内で蓄積したノウハウをもとにしたDX人材育成プログラムを、約420社、約3万人以上の顧客に提供するとしている。

【関連記事】
NECとCelonisが共同実証 生成AI「cotomi」とプロセスマイニング技術を連携
NEC、デジタル推進人材の育成とDX促進に向け「NECアカデミーパートナープログラム」を開始
NEC、生成AI「cotomi」のサービスラインアップを拡充 6月より販売するソリューションを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

名須川 楓太(編集部)(ナスカワ フウタ)

2022年より「Biz/Zine」で取材・編集・執筆を担当。2024年4月にEnterpriseZine編集部に加入。AIやサイバーセキュリティ、データサイエンス等に携わる方、テクノロジーによる変革を牽引するCIOやCDO、CISOに向けた情報を発信します。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19772 2024/05/30 16:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング