SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マカフィー、クラウド環境を問わないデータセンター向け統合セキュリティ製品

プライベート/パブリック/ハイブリッド、仮想/物理を包括

 「McAfee Server Security Suite」は、プライベート、パブリック、ハイブリッドのクラウド環境や仮想化、物理など、さまざまな環境で運用される企業データセンター向けに、包括的で一元的なセキュリティを実現するスイート製品。

 この製品により、パブリッククラウドと社内ITシステムのセキュリティポリシーを一元的に管理するための連携ツールを日本で初めて提供するほか、仮想、物理サーバ向けの包括的なセキュリティ機能、社外、社内を問わないシステム全体のセキュリティ統合管理機能を利用できるようになるという。

 企業は、自社データセンターに加え、普及が進むハイブリッド環境での脅威の監視、企業情報資産の保護、社外環境へのセキュリティ ポリシーの拡張を、一元的に管理、制御できるとしている。

 発表によると、「McAfee Server Security Suite」の主な特徴は次のとおり。

 ・物理、仮想を問わない、一元的な脅威の検知・監視機能
  セキュリティ統合管理ソリューション「McAfee ePolicy Orchestrator」により、ユーザーが利用する社内、社外のデータセンターで稼働する物理マシン、仮想マシン(VM)の両方のセキュリティ対策状況を自動的に監視し、脅威を検知。

 ・仮想、物理の両環境向けの不正侵入防止やウイルス対策機能
  サーバ向けのセキュリティ対策ソリューション群を通じて、標的型攻撃や高度なマルウェアなど、企業を標的とした外部からの悪意ある攻撃から情報資産を保護。

 ・セキュリティポリシーをパブリッククラウドや社外データセンターにも拡張
  新たに提供するVMware vSphere、Amazon Web Services、OpenStackの各環境と、セキュリティ統合管理ソリューションであるMcAfee ePolicy Orchestratorの接続コンポーネントにより、パブリッククラウドや外部データセンターに、自社ITシステムのセキュリティポリシーを拡張可能。

【関連リンク】
製品の詳細(Essentialsエディション)
製品の詳細(Advancedエディション)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6006 2014/07/14 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング