SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ウイングアーク1st、クラウド型のBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を強化

 「MotionBoard Cloud」は専門知識を必要とせずに、見たい情報を可視化できるサービス。さまざまな環境上にあるデータを、多彩な表現力でデータをシンプルに可視化する。

 クラウドサービスであるため、気軽に始められることに加え、ソフトウェアを更新することなく新機能を利用できるのが特徴だという。今回、強化された機能は次のとおり。

 「MotionBoard Bridge Service」では、データをクラウドに上げる必要性をなくし、専用線やVPNによるインフラの構築も不要に。社内のファイルサーバー等で管理されているExcelやCSVをはじめ各種データベースの情報を直接活用できるようになり、更新されたデータをリアルタイムで把握可能に。また、導入の手間を大幅に軽減。

 「リアルタイムGEOコーディング」においては、BIクラウドサービスで世界初となる「リアルタイムGEOコーディング」を実現。10万件のデータを0.3秒程で処理できるようになり、ユーザーは事前にデータ加工をする必要なく、手持ちの住所情報を画面上で指定するだけで丁目番地レベルの可視化・活用が可能。

 また、クラウド環境として、セールスフォース、AWSに対応。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6391 2014/12/04 14:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング