EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デル・ソフトウェア、最新版の「SharePlex」で転送先にSQL ServerとODBCをサポート

  2014/12/05 17:20

 デル・ソフトウェアは、データベース・レプリケーション・ソリューションの最新版「SharePlex 8.6」を12月5日から販売すると発表した。

 「SharePlex」は、リアルタイムに近いレプリケーションを実現し、データ統合によるデータ・ウェアハウス、ビジネス・インテリジェンス、およびアナリティクス用途のほか、システムの停止時間を極小化する移行用途、遠隔地を含むディザスタリカバリ用途のデータベース複製などに利用できる。

 最新版の「SharePlex 8.6」では、従来のOracleからOracleへのレプリケーション性能を向上させるとともに、転送先として従来サポートしていたOracle、Hadoop、Sybaseに加えて、新たにMicrosoft SQL ServerとODBCをサポートする。

 「SharePlex 8.6」の新機能は次のとおり。

  •  Microsoft SQL Serverターゲット:SQL Serverへのレプリケーションをサポートすることで、OracleからSQL Serverへの移行の際に、最新のデータを反映しながら新しいアプリケーション開発を実施し、移行の切り替え時間を短縮するのに活用することが可能。
  •  ODBCターゲット:オープンソースを含むODBCをサポートするデータベースへのレプリケーションが容易に。マスターデータをOracle上に置きながら、大量の参照トランザクションへの対応を行うために、オープンソースのPostgreSQLやMySQLを活用するなどが可能。
  •  Oracle 12cのマルチテナント対応:Oracle 12c Enterprise Editionで使用可能なマルチテナント機能に対応することで、Oracle pluggable database(PDB)でも使用が可能。
  •  XMLファイルへの記録:新たにXMLファイルをサポートすることで、カスタムアプリとの連携の選択肢が増加。
  •  パフォーマンスの向上:特にOLTPのトランザクションを処理する際のターゲット側のパフォーマンスが、従来バージョン比で2~3倍高速化。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5