SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

誰もが受けたい マイクロソフト技術者セミナー(PR)

これで無料はお得すぎる!「<SQL Server Day> SQL Server丸わかり1日セミナー」で最新情報をゲットしてみた

 日本マイクロソフトが毎月開催している「<SQL Server Day> SQL Server丸わかり1日セミナー」。参加費は無料だが、SQL Serverに関する最新情報はもちろん、現場の運用管理者にはうれしい、細かな便利Tipsなどを聴けるとあって、定期的に通うリピーターもいる。本稿では、このセミナーに実際に1日参加して、その内容や会場の雰囲気、人気の秘密などを探ってみた。

データプラットフォームの最新情報が入手できるセミナーを毎月開催

 日本マイクロソフトでは毎月、SQL Serverを使用あるいは検討しているユーザー、パートナー企業を対象に「<SQL Server Day>SQL Server丸わかり1日セミナー」を開催している。講師を務めるのは、Microsoft MVP for Data Platformを受賞しているSQL Serverのスペシャリスト、小澤真之氏だ。小澤氏のブログ「SE の雑記」から情報を得ている人も多いだろう。

小澤真之氏
小澤 真之(おざわ まさゆき)氏
Microsoft MVP for Data Platformを7年連続受賞、SQL Serverを中心にフリーランスで幅広く活動。コミュニティでは「ムッシュ」と呼ばれ親しまれている。

 丸わかり1日セミナーと銘打っているとおり、本セミナーは朝10時に始まり、終了は16時。講義は14時30分あたりまでで、それ以降はパートナー企業によるセッションのほか、小澤氏や日本マイクロソフトの営業担当、さらにはパートナー企業の担当者などが個別に相談を受けてくれる「ブレイクアウト相談会」の時間となっている。つまり、セミナー時間は、お昼休みを除くと3時間40分ほどだ。

 とはいえ、最初から最後まで受講するのは時間的に難しいという方もいるだろう。小澤氏は「全部の講義を聴かなくてもまったく構わない。1つだけでも興味を覚えたセッションがあるなら、ぜひ受講してほしい」と語る。

 11月28日に開催された「<SQL Server Day> SQL Server丸わかり1日セミナー」のアジェンダは次の通り。

時間帯 内容
10:00〜11:00 SQL Server 2017新機能概要
11:10〜12:10 Azure SQL Database概要
12:10〜13:00 お昼+MVP小澤氏へのQ&A
13:00〜13:40 MS New Technology概要(ML, Ai, Bot)
13:50〜14:30 DB(Oracle/Cloud)Migration
14:30〜15:00 SQL Server Partner様 Solution紹介
15:00〜16:00 ブレイクアウト相談会

 講義は4本。午前中に「SQL Server 2017新機能概要」「Azure SQL Database概要」、お昼休みを挟んで午後からは「MS New Technology概要(ML、Ai、Bot)」「DB(Oracle/Cloud) Migration」が解説された。1つの講義は1時間あるいは40分と時間が限られているため、小澤氏は参加者の関心が高いと思われる項目や、今までとは違った利用方法など、トピックを厳選している。説明は細かく詳しく説明するより、キーとなることを次々と伝えることを意識しているという。

「キーとなることだけ伝えれば、後で詳細な資料で調べることができるからです。どこにどういう資料があるかもこのセミナーではすべて紹介するようにしています」(小澤氏)

 このような講義なので、必然的にトピックはテンポよく次々と変わっていくので、座学でも退屈せず興味も尽きない。また、渡される資料も充実しており[1]、詳しく知りたいところは後日調べやすいように配慮されているというの、受講者にはもうれしい。

来年2月・3月開催の「SQL Server 丸わかり1日セミナー」に参加してみよう!

 2月、3月もすでにSQL Server 丸わかり1日セミナーの実施日は決まっている。最新アップデートのほかに、フォーカストピックとしては2月20日は他社データベースから移行のディープダイブセッション、3月20日はSQL on Linuxのセッションを予定している。講義時間は両日とも13:00~17:30。登録サイトもオープンしているので、今のうちに登録をしておこう。

[1]: 参加者がダウンロードできるスライド資料は、「SQL Server 2017新機能概要」のものが62ページ、「Azure SQL Database概要」のものが115ページ、「MS New Technology概要(ML、Ai、Bot)」のものが30ページ、「DB(Oracle/Cloud) Migration」のものが36ページある。

次のページ
SQL Server 2017新機能紹介はクロスプラットフォーム対応を中心に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10205 2018/04/18 13:13

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング