SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

誰もが受けたい マイクロソフト技術者セミナー(PR)

これで無料はお得すぎる!「<SQL Server Day> SQL Server丸わかり1日セミナー」で最新情報をゲットしてみた

Azure SQL Databaseの概要と運用に役立つTipsを紹介

 10分間の休憩の後、次の「Azure SQL Database概要」講義が始まった。Azure SQL DatabaseとはMicrosoft Azure上で稼働するSQL Serverである。

 まず、小澤氏はAzure仮想マシン[2]上で稼働する「SQL Server Azure VM」とAzure SQL Databaseとの違いを明らかにした。取り上げたのは、データベースの最大サイズ、基本的なスケーリング方法、更新プログラムの運用である。例えば、データベースの最大サイズは、Azure SQL Databaseでは4TBと決まっている一方、SQL Server Azure VMでは仮想マシンの接続可能なディスクの本数によって異なる。基本的なスケーリング方法もAzure SQL DatabaseとSQL Server Azure VMとでは異なるといい、前者はエディションや価格レベルを変更することで行うが、後者はサイズを変更することで行う。

 運用のTipsやコツも教えてくれた。テストで利用したいAzure SQL Databaseは、サービスレベルとして「PremiumRS」(最高レベルの可用性の保証を必要としないI/O集中型のワークロード向け)を選ぶと、利用料金を抑えられるのだという。さらに、エディション(サービスプラン)を選ぶ際には、「性能だけでなく、最大セッション数も考慮して選んでもらいたい」とのことであった。

Azure SQL Databaseのサービスレベルと価格
Azure SQL Databaseのサービスレベルと価格

 特に覚えてほしいと注意を促されたのは、Azure SQL Databaseの「更新プログラム」である。

「Azure SQL Databaseでは更新が自動で走るため、常に最新の状態となり、新しい機能をいち早く使用できる一方、データベースサーバーを特定のバージョン(状態)にロックすることはできない。SQL Databaseではデータベース単位で『データベースの互換性レベル』を設定することができるため、バージョンアップによってSQLが影響を受けることはないが、『データベースサーバーについては構築時のバージョンに固定しておく必要がある』というような、要件がある場合には注意しておいてもらいたい」(小澤氏)

 なお、SQL Serverの主要機能のうち、Azure SQL DatabaseではWindows認証やUSEステートメントなどをサポートしていない。その一方で、Elastic Database Poolによるリソース共有など、SQL Serverにはない機能を提供している。「柔軟な構成をとれることが、Azure SQL Database最大の強み」と小澤氏は言い切った。

 この講義の中ではもう1つ、「Azure SQL Data Warehouse」についても説明があった。Azure SQL Data Warehouseはクラウドベースの並列分散データウェアハウス。「60の非共有ストレージが作成されており、数値上は最大240TBのデータベースサイズ(圧縮してデータを格納することで、実際には240TB以上のデータを格納することが可能)を持つデータウェアハウスが実現する」(小澤氏)のだという。また、Azure SQL Data Warehouseは価格設定もユーザーにとって使いやすいように配慮されている。例えば、コンピューティングとストレージで別々に課金される、使用中のスケールアップ/ダウンが可能、一時停止ができるといったことだ。

 Azure SQL Data Warehouseに関してはそのほか、「PolyBase」という高速なデータロード手法が紹介された。

PolyBaseと他のデータロード手法との比較。PolyBaseが最も高速
PolyBaseと他のデータロード手法との比較。PolyBaseが最も高速

来年2月・3月開催の「SQL Server 丸わかり1日セミナー」に参加してみよう!

 2月、3月もすでにSQL Server 丸わかり1日セミナーの実施日は決まっている。最新アップデートのほかに、フォーカストピックとしては2月20日は他社データベースから移行のディープダイブセッション、3月20日はSQL on Linuxのセッションを予定している。講義時間は両日とも13:00~17:30。登録サイトもオープンしているので、今のうちに登録をしておこう。

[2]: Azure仮想マシン(Azure Virtual Machine)はマイクロソフトが提供するIaaS。単にMicrosoft Azureという場合はPaaSである。

次のページ
午後は機械学習/AI機能とDBマイグレーションツールの最新情報

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10205 2018/04/18 13:13

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング