SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

誰もが受けたい マイクロソフト技術者セミナー(PR)

これで無料はお得すぎる!「<SQL Server Day> SQL Server丸わかり1日セミナー」で最新情報をゲットしてみた

パートナーによるソリューション紹介、さらにはブレイクアウト相談会も

 小澤氏による4コマの講義の後は、マイクロソフトのパートナーによるセッションが行われた。ジール社は横浜市のゴミ処理ボットの事例、システムエグゼ社はOracle DatabaseからSQL Serverへの移行事例を紹介。最後に登壇したNECは「Professional Association for SQL Server」という、米国シアトルで開催されたディープなSQL Serverのイベントの話を披露した。

 15時からは「ブレイクアウト相談会」が開かれ、小澤氏やマイクロソフト、パートナー企業の担当者に自由に質問・相談できる時間が設けられていた。軽食と飲み物も用意されるなど、ざっくばらんな雰囲気で、気軽に話しかけることができた。

*     *     *

 とにかく盛りだくさんのセミナーである。参加者も「最新情報が取得できるのが良い」「自分一人で調べるより、頭に入る」「小澤氏の話し方が上手い。とにかくお客さまに話すときのヒントになる」と高評価。冒頭でも話したとおり、このセミナーは丸1日いる必要はなく、「気になった講義」だけを受講することもできる。また、以前に参加した人にも役立つように、小澤氏は「常に情報はアップデートし、鮮度の良い情報を伝えるよう心がけている」という。

 SQL Server丸わかり1日セミナーは毎月開催されているので、SQL Serverを運用管理している方、Azureで開発をしている方、そしてSQL ServerデータベースをAzureへ移行することを検討している方などは、ぜひ一度、参加してみることをお勧めしたい。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10205 2018/04/18 13:13

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング