SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

SaaS/サブスクリプションビジネス最前線

サブスクリプションビジネスで成功する方法──Zuora 日本社長に聞く

 「売って終わり」ではなく、顧客との長期的な関係を維持しながら、できるだけ長く使い続けてもらうことを前提とするサブスクリプションビジネスに成長の活路を見出す企業が増えている。その成功に向けては、ビジネスモデルの変革を実現しなくてはならない。サブスクリプションビジネスに挑戦する企業の収益化を支援するソリューションを提供するZuora日本法人社長の桑野順一郎氏に、なぜ専用のソリューションが必要か、そしてなぜZuoraが選ばれるかを聞いた。

<p>Zuora Japan株式会社 代表取締役社長 桑野順一郎氏</p>

Zuora Japan株式会社 代表取締役社長 桑野順一郎氏

 

サブスクリプションジャーニーを理解する

――まず、Zuoraが提唱している「サブスクリプションジャーニー」の紹介からお願いできますか。

桑野:サブスクリプションジャーニーとは、サブスクリプションビジネスの収益化の方法を示したベストプラクティスです(図1)。横軸が時間軸で契約の長さ、縦軸が顧客提供価値の金額を表しているのですが、どちらかというと横軸が重要です。それは一度解約されてしまうと、横軸はそれ以上伸びないからです。

 通常は、Basicプランを申し込むと、使い込んでいくに従って、上位のGoldプランに移行します。オプション機能が追加されると、さらに多くの料金を支払ってくれることもあるかもしれません。一方、一番避けたいことは解約です。この場合、利用休止/再開のニーズや下位プランのダウングレードという選択肢を提供し、縦軸を伸ばし続けることは難しくても、横軸の契約期間を伸ばすことは可能です。例えば、ストレージサービスで10GBのプランを利用しているお客様がここ数カ月にわたり5GBしか使っていないとすると、解約のリスクが高まっていると判断できます。もし、10GBプランだけしかなければ、5GBのプランや3GBのプランを提供している競合に契約を奪われる可能性があります。でも、下位プランを提供できれば、そのお客様からの収益は減ることになったとしても、最悪の事態は免れることができるでしょう。

 典型的なサブスクリプション契約では、時間の経過と共に顧客のニーズは変化します。つまり、常に顧客とつながり、縦軸の高さをアジャストしながら横軸を伸ばし、収益という面積を最大化することがサブスクリプションビジネスを収益化させるベストプラクティスになるわけです。

<p>図1:サブスクリプションジャーニー 出典:Zuora</p>

図1:サブスクリプションジャーニー 出典:Zuora

 

製造業とSaaS、メディア企業のサブスクリプションシフトが進む

――日本でサブスクリプションモデルの採用が進んでいるのはどんな業種でしょうか。

桑野:製造業とSaaSの二つです。この二つは2015年2月に日本法人を立ち上げた時から利用が多いですね。例えば製造業では、グローバルでビジネスを展開している複合機メーカートップ5のうち4社がZuoraを採用しています。リコーはその代表例で、オフィス周りの業務課題を解決するため、複合機とストレージサービスや会計、CRMシステムなどを連携するクラウドプラットフォームを提供しています。

 また、ここ半年から一年で立ち上がってきたのがメディアです。日本法人設立から6年目に入りましたが、The Financial Times、The Daily Telegraph、The Guardianなど、英米主要メディアのほとんどがZuoraを使っているものの、日本のメディア企業の導入はそれほど進んでいませんでした。けれども、ダイヤモンド社が新サービスの「ダイヤモンド・プレミアム」を提供するにあたり、Zuoraを採用するなど、ここに来て変化の兆候が見え始めたと感じています。

 製造業もメディア企業もビジネスモデルを変えないと、生き残れないという危機感が背景にあるのだと思います。

次のページ
プライシングとパッケージング戦略がキー、Excel管理では失敗する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
SaaS/サブスクリプションビジネス最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12701 2020/02/28 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング