EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「見たい情報に誰もが出会える世界を作っていきたい」Gunosy CTO 小出幸典さん

edited by Operation Online   2020/02/21 14:00

 CTOは技術が詳しいだけではなく、技術でいかに経営に貢献するかを考える立場でもある。Gunosyの小出さんは自然言語処理や機械学習といった自身の強みを活かせる企業を選び、各種プロジェクトを経験してCTOに就任した。小出さんが経験したこと、小出さんならではの強みとは。

バンドのIT担当から学生時代は学内施設のインフラ保守、就職はアクセンチュアへ

Gunosy 執行役員 最高技術責任者(CTO)兼 Gunosy Tech Lab 所長 小出 幸典さん
Gunosy 執行役員 最高技術責任者(CTO)兼
Gunosy Tech Lab 所長 小出 幸典さん

 ITの世界への第一歩はバンドから。小出さんは高校時代にバンド活動をしており、オリジナルのロックを演奏していたという。担当はドラム。ほかにもパソコンを使うものは小出さんが担当していた。例えばWebサイトやフライヤー作成、レコーディングした音源のミックスダウンなども、パソコンを使用して行った。その際、PCを使って色々なものを作れることが楽しさとなり、ITに興味を持ったそうだ。

 大学に進学すると、情報工学を通じて自然言語処理、データ分析、機械学習などを学んだ。学生時代には学内施設のインフラ保守やサーバーサイドのプログラミングもバイトでこなした。就職する前からエンジニア経験を積んでいた。

 そのままバイトの延長線上にあるようなエンジニアになれば、即戦力として重宝されたことだろう。しかし、その道は選ばなかった。「これまで見たことのない世界を見てみたい」と考え、アクセンチュアを就職先に選んだ。

 余談だが、入社前の卒業旅行に向かう時、飛行機が離陸した直後に東日本大震災の揺れが日本を襲った。現地のホテルに着いたら、何人もが小出さんに「ツナミ!」と叫び、地震が起きたことを教えてくれたそうだ。母校は輪番停電の対象地域だった。小出さんは旅行先から学内施設保守のバイト仲間にやるべき作業を指示していたそうだ。

 閑話休題。アクセンチュアに入社すると、大規模なITプロジェクトをいくつか経験した。分析基盤や機械学習を実業務に導入するための支援なので、学生時代で学んだ領域だ。ただしシステムを開発して納品するだけではなく、多種多様なステークホルダーと関わり合う世界を経験した。当時は「ビッグデータ」という言葉がまだ新しい時代だった。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。 Webサイト:http://emiekayama.net

バックナンバー

連載:CTOに会いたい!
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5