SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

ERP失敗の法則~なぜ企業システムはいつも同じところで躓くのか~

ERP導入のプロマネに求めるべき重要な資質とは

『コミュニケーションの不足』のためにERP導入プロジェクトが失敗することはよくあります。そのような失敗は、プロマネの力足らずのために生じてしまうものであると言えます。今回はコミュニケーション不足による失敗を防ぐため、良いプロマネの選び方を考えます。

『コミュニケーション不足』のERP導入プロジェクトは失敗する

 ERP導入が失敗する原因でよく理由にあげられるものに『コミュニケーションの不足』というものがあります。ひとことで言ってしまうと簡単ですが、その内容は多岐にわたります。

 例えば、導入プロジェクトチームとそのオーナーである経営層との間で十分にERP導入目的をすり合わせていなければ、既存システムの機能を焼きなおしただけのものになってしまうかもしれません。

 また、導入チームとユーザー部門と認識のズレがあり、操作性が悪いものができてしまうケースはよくあります。機能的には十分であっても、業務の作業負荷が増してしまうようであれば、ユーザーのシステムに対する評価は最悪になってしまうでしょう。

 ERP導入ベンダーがイメージするものと、ユーザー企業が期待する機能に大きなギャップがある場合も問題です。場合によっては、プロジェクト半ばで全面的な仕様の見直しを強いられることもありえます。

 いずれも敗因は『コミュニケーションの不足』ということになります。

ERP導入プロジェクト失敗の原因はプロマネにあり?

 『コミュニケーションの不足』によるプロジェクトの失敗はよくあるケースです。しかし、担当するプロジェクトマネージャーの力量如何では、失敗をリカバリしたり、失敗そのものを未然に防ぐことが出来ます。

 実は、筆者の友人にも、プロジェクトの建て直しを得意とする「火消し」プロマネが何人もいます。彼らに言わせると「そもそも始めに選んだプロマネがダメだから、プロジェクトが失敗するのだ」と言います。つまり良いプロマネを選んでいれば、失敗を招くようなことにはならないということです。

 では、良いプロマネの選び方とは何でしょうか? 「良いプロマネ」と「そうでないプロマネ」を見分けるポイントは何でしょう? 今回は良いプロマネの選び方について考えてみたいと思います。

プロマネがプロジェクトの成否を左右する
プロマネがプロジェクトの成否を左右する

次のページ
ERP導入プロジェクト成功の鍵を握るプロマネの役割

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ERP失敗の法則~なぜ企業システムはいつも同じところで躓くのか~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鍋野 敬一郎(ナベノ ケイイチロウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1280 2009/03/18 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング