Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

発表から5カ月で大規模な事例を実現、オンデマンド・プラットフォーム「Salesforce Platform Edition」

  2007/09/06 13:55

日立ソフトウェアエンジニアリングとセールスフォース・ドットコムは9月6日、日本郵政公社の40,000ユーザにセールスフォース・ドットコムのオンデマンド・プラットフォームを提供開始したことを発表した。

 日立ソフトウェアエンジニアリング(以下、日立ソフト)とセールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース)は9月6日、都内で会見を開き、両社が協業して日本郵政公社のオンデマンド・プラットフォームの提供を開始したことを発表した。「お問い合わせ等報告システム」を構築し、9月から順次稼働している。

 既に発表されている約5,000ユーザへの提供に、今回の40,000ユーザが加わることで、日本郵政公社は世界最大規模のオンデマンド・プラットフォーム・ユーザになった。同システムには、CRM機能がなく基本機能とプラットフォームのみを持つ「Salesforce Platform Edition」が用いられている。

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 産業システム事業部 事業部長 植村明氏
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 産業システム事業部 事業部長 植村明氏

 日立ソフトの産業システム事業部 事業部長の植村明氏は、日本郵政公社にSalesforceのプラットフォームによる提案を行った理由として、「短期開発・導入コストの低減を実現可能」「カスタマイズが容易」「関連システムとの連携や拡張性」「直感的に分かりやすいUI」「高度なセキュリティによる内部統制の強化」などを挙げ、落札から2カ月間、10名弱の開発体制で、システムを構築したと述べた。開発は、大半をもともとセールスフォースにある機能のカスタマイズで行い(ドラッグ&ドロップなどによる操作)、一部の機能のみ、ApexやJava、Ajaxなどで実装したという。落札価格の6億1千万円には、トータル19カ月分のユーザフィーや保守費用も含むとし、オンデマンド・アプリケーションに比べ機能が制限されている分、ライセンスフィーは従来のものに比べ、かなり安く抑えられているようだ。

 日立ソフトでは、2006年8月にSaaS事業を立ち上げ、翌9月にセールスフォースとパートナー契約を締結し、SaaS事業の本格展開を開始していた。今後は、SIの技術力・社内システムでの適用実績を活かして、データセンターなどを含めたSaaSによるトータルサービスを提供していきたいという。

株式会社セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長 宇陀栄次氏
株式会社セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長 宇陀栄次氏

 また、セールスフォース代表取締役社長の宇陀栄次氏は、「発表してからわずか5か月で大規模な事例が実現したことにより、Salesforce Platform Editionが大きなビジネスチャンスであることが証明できた。今後は様々なアプリケーションの追加や、他システムとの連携を強化しながら、プラットフォームのビジネスを広げていきたい」と述べた。また、グローバルなビジネス展開においてもセールスフォースは有効なパートナーであることを強調した。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5