Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立、仮想環境のモニタリングを強化したJP1 Version 9を発表

  2009/06/02 18:00

日立製作所は、2日、統合システム運用管理ツールJP1の新製品を発表した。仮想環境のモニタリングを強化し、ジョブ管理製品を全面刷新したVersion 9は3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる。

 2日、日立製作所は、統合システム運用管理ツールJP1 Version 9を発表し、本社プレスルームで新製品発表を行った。

株式会社日立製作所 情報・通信グループ ソフトウェア事業部
事業部長 坂上秀昭 氏(写真中央)
株式会社日立製作所 情報・通信グループ ソフトウェア事業部 事業部長 坂上秀昭 氏(写真中央)

 JP1 Version 9は、ITリソースの有効活用と運用業務の効率化を両立するというコンセプトに基づき、業務観点を取り入れたシステム運用の全体最適化を実現化するという。

個別最適化から全体最適化へ
個別最適化から全体最適化へ

 Version 9で強化された点の1つとして、モニタリング(統合管理/アベイラビリティ管理)があげられる。従来、サーバ稼動状況をリアルタイムに監視するためには、各サーバにエージェントプログラムをインストールする必要があったが、Version 9では、エージェントレスによる監視が可能となった。

エージェントレスによる監視が可能
エージェントレスによる監視が可能

 稼働中の業務サーバにエージェントをインストールすることが不要になり、サーバ集約前後の状況の把握や、大規模な仮想環境の監視においても、効率的にリソース状況を把握することが可能となった。また、物理サーバと仮想マシンの構成情報を自動で一括収集でき、仮想環境の構成情報をもとに監視ツリー画面を自動生成することが可能になった。

 JP1/Automatic Job Management System3(AJS3)においては、ジョブ管理が全面刷新された。システム管理者は役割に応じた管理画面を選択できるようになり、操作環境が向上している。サマリー監視画面ではジョブの進捗情報を把握でき、業務の優先度によってサーバパワーを振り分けることができる。これにより業務観点での全体最適が可能になった。また、ジョブスケジュール処理を多重化したことにより、ジョブ起動性能が従来比で10倍に向上させている。

サマリー画面による進捗度表示
サマリー画面による進捗度表示

 6月30日には、六本木アカデミーヒルズ40において「JP1新製品セミナー~Hitachi Open Middleware World」が開催される。参加費無料(事前登録制)。詳しくは関連リンクを参照のこと。

【関連リンク】
JP1ホームページ
Hitachi Open Middleware World

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5