SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Snowflake「Data Drivers Awards」受賞者インタビュー(PR)

「日本もデータシェアリングへ舵を切る」――なぜインテージはSnowflake導入の先駆者となったのか

Snowflake「DATA EXECUTIVE OF THE YEAR」:インテージテクノスフィア 取締役 CTO 秦一雄氏

 インテージは、アジアNo.1のマーケティングリサーチの企業グループ。同グループをITで支えているのが株式会社インテージテクノスフィアだ。同社で取締役 CTOを務めている秦一雄氏が、Snowflakeが主催のアワード「DATA DRIVERS AWARDS」において、「DATA EXECUTIVE OF THE YEAR」を受賞した。今回は、日本におけるSnowflake導入の先駆者ともいえる同社の取り組みをはじめ、データ活用の展望について秦氏に訊ねた。

日本法人がない段階からSnowflakeを見つけ積極的に活用

 インテージは、アジアNo.1のマーケティングリサーチの企業グループだ。インテージグループでは主に消費財・サービス向けおよびヘルスケア向けのマーケティング支援事業、システムインテグレーションを含むビジネスインテリジェンス事業を行っている。そして、株式会社インテージテクノスフィアは、グループのIT会社であり「データを活用して顧客のビジネスに貢献する仕事をしています」というのは、インテージテクノスフィア 取締役 CTO 秦一雄氏だ。

 秦氏は、株式会社インテージのリサーチシステム構築における全体責任者の立場であり、同時に外部企業向けのDX支援なども担っている。

 世の中のデータが爆発的に増えており、社内にある様々なデータは分散し、どうしてもサイロ化(孤立化)してしまう。特に大企業は事業部ごとに予算を執行し個別最適化したシステムを作りがちで、データは分散する傾向にある。そのため「分散するデータを統合してどう活用できるようにするのか、というニーズが数多くあります」と秦氏。そのニーズに応えるのが、インテージテクノスフィアの仕事だという。

 さらにこれからは、1つの会社が持っているデータだけでは活用の限界とも指摘する。「各社のデータを統合し活用する必要があり、それを実現しようとするのがSnowflakeのデータシェアリングの考え方です。これは欧米で先行していますが、日本もその方向性へと進むと考えています」と秦氏。データシェアリングについては、Snowflakeと一緒に実現していきたいと考えているともいう。

インテージテクノスフィア 取締役 CTO 秦一雄氏
インテージテクノスフィア 取締役 CTO 秦一雄氏

 データの利活用の取り組みについて、インテージテクノスフィアでは長期にわたって継続的に取り組んでいる。今回受賞につながったのは、Snowflakeの機能を活用しただけでなく、顧客のビジネス課題を解決できるようにしたことだろうと秦氏はいう。グループ会社のインテージでは、顧客のマーケティング活動を支援するために「パネルデータ提供・分析システム」を提供しており、数年前に大規模なリニューアルに取り組んでいる。

 「当時を振り返ると、扱うデータ量がかなり増えており、データの粒度もさらに細かくなっていました。高い精度で市場を分析するための高度な分析ロジックも必要でした。さらに性能要件としても、かなり高いものが求められていました」とリニューアルのポイントを説明する。

 インテージテクノスフィアではこれらの要求を満たすために、2年かけデータ分析のための基盤を探した。いくつかの基盤のPoC(概念実証)を実施したが、なかなか要件に見合うものが見つからなかったという。さらに、アクセスピーク時の性能要求を満たすためには、コストがかなり増える。

 「正直、お手上げ状態でしたが、2019年の夏にSnowflakeに出会いました。メンバーが名前だけは聞いたことがあるような状態でした。まだ日本語の情報もなく、英語の資料には『性能は無限大、維持管理費はゼロ』と記載されていました。『それは本当なのか?』とSnowflakeの米国本社に問い合わせるなど、情報収集を始めました。そして、過去の経験上からもSnowflakeのアーキテクチャなら確かに期待できると確信できました」と秦氏。

 その後、SnowflakeのPoCを行い、要件を満たせることを確認すると採用を決定。「Snowflakeを採用した新しいシステム構築のため度重なる困難に出くわしたが、メンバーと共に困難の局面を乗り越えてシステムリリースを完遂した」と秦氏は語る。たとえば、同時アクセスのスループットは要求の2~5倍出ているだけでなく、ピークとボトムの利用でインフラキャパシティの最適化が可能となり、3割以上のコスト削減も実現している。秦氏は、このリニューアルのプロジェクトで基盤を探すところからPoCによる検証、さらにユーザーとなる社内の各部門との調整などすべてに携わってきた。このリニューアルの成功が評価され、今回のアワードの受賞となったわけだ。

次のページ
大規模ユーザーの同時アクセスにも十分な性能を発揮

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Snowflake「Data Drivers Awards」受賞者インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

メディア部門 メディア編集部 EnterpriseZine編集を担当

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15260 2022/04/13 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング