SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Snowflake「Data Drivers Awards」受賞者インタビュー(PR)

膨大なデータをスピーディーに処理 ユーザビリティを向上すべく「b→dash」が辿り着いた選択とは

Snowflake「POWERED BY」:b→dash(データX)

 データクラウドを提供するSnowflakeは、データ利活用を推進しているユーザーを表彰する「Data Drivers Awards 2021」を発表した。その中でも、Snowflakeを利用して革新的なデータドリブンアプリケーションを開発している企業に贈られるアワード「POWERED BY」には、データXの「b→dash」が選出されている。今回、CTOを務める井戸端洋彰氏に、データマーケティングプラットフォーム「b→dash」を軸に、Snowflakeを活用した取り組みについて訊ねた。

デジタルマーケティングに必要な機能を「ノーコード」かつ「All in One」で提供するb→dash

──はじめに「b→dash」について教えてください。

 「b→dash」は、「ノーコード」と「All in One」という特徴を持ったデータマーケティングプラットフォームです。

 一般的なマーケティングツールでは、メール配信などの施策を実施しようとすると、顧客データを条件に用いてセグメント分けをしたり、顧客データと受注データを統合したりと、施策に必要なデータを準備する作業にSQLというデータベース言語の知見が必要となります。しかし、b→dashであればSQLが不要であるため、ノーコードで誰でも簡単にデータ活用が可能です。

 また、もう一つの特徴としては、メール配信やLINE配信、データ分析、web接客といった、データマーケティングに必要な機能をAll in Oneで提供しているため、プラットフォーム上にいれたデータを様々な機能で利用することができるという点が挙げられます。All in Oneであるがゆえに共通の思想、共通の UI/UXポリシーに基づいてすべての機能を開発してきたため、機能ごとにUI/UXの差が無く、使い勝手という点でも圧倒的に優れていると自負しています。

データX CTO 井戸端洋彰氏
データX CTO 井戸端洋彰氏
──井戸端洋彰さんはどんな役割を担っていますか?

 CTOとして開発の責任を担っています。2014年にデータXに入社し、b→dashの開発に初期から携わっており、プラットフォームのデータモデル構築やアーキテクチャの設計、技術選定、アルゴリズム設計、開発などを推進しています。

次のページ
Snowflakeを採用した理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Snowflake「Data Drivers Awards」受賞者インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15283 2022/08/04 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング