SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

0から分かるWindowsAzure入門講座

Windows Azureに機密情報を置いても大丈夫か?

今回は、エンタープライズと切っても切れないセキュリティの面について、皆さんの疑問にお答えします。

セキュリティに不安があるのですが、機密情報を置いても大丈夫でしょうか?

 不安があるのであれば、クラウドには置かない方が無難です。

 すべてのデータをクラウドに置かなければならない必然性はありません。適材適所で、拡張性、コスト、アクセス利便性、運用・管理の手間、機密レベル、法律による保管場所制約などの観点から最適な選択肢を選ぶべきです。

 クラウドコンピューティングの出現で、これまでの自社所有あるいはホスティング業者のストレージ資産に加え、コストが比較的安く、管理を自動化できる選択肢が追加され、自由度が高まったというだけのことです。

クラウドは絶対的な選択肢ではない
クラウドは絶対的な選択肢ではない

 ただ、クラウドにデータを置くことに「なんとなく」不安を感じているという方も少なくないと思われるので、Windows Azureにおけるデータ管理の状況を説明しておきます。

次のページ
データセンターの管理者がデータを覗いたりしないのでしょうか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
0から分かるWindowsAzure入門講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

砂金 信一郎(イサゴ シンイチロウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1593 2009/08/26 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング