EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SAPが掲げる「デジタルサプライチェーン」、高まるビジネスネットワークの価値

  2022/05/12 08:00

高まるビジネスネットワークの重要性

 「さらにSenseに関しては、ビジネスネットワークの重要性が高まっています」と、原氏は続ける。企業内だけでエンドツーエンドのプロセスを可視化しても、完成した製品を出荷し、自社の敷地を出た瞬間に所在がわからなくなるようでは意味がない。注文した部材が届かない場合も担当者のイライラは募る。しかし、ビジネスネットワークにクラウドで繋がっていれば、また状況は変わってくる。ビジネスネットワークは、サプライチェーンを支えるシステムの分断の解消や、企業間のコラボレーションを活性化に役立つ(図4)。

図4:ネットワーク同士をつなぐインパクト 出典:SAPジャパン

図4:ネットワーク同士をつなぐインパクト 出典:SAPジャパン [画像クリックで拡大]

 また、ネットワークには、参加者の多いものほど、その中に入るメリットが大きくなる特徴がある。仮に業界全体のプレイヤーが3,000社いるのに、1,000社しかネットワークに参加していなければ、そこそこの改善効果しか得られない。わかりやすい効果の1つが、個別の問合せの手間が減ることだ。例えば、配送業務には確認、依頼、調整が付き物だが、途中でトラブルが発生しても、物流ネットワークを使えば、1対1の問合せに頼らず、問題を迅速に解決できる。

 そのサポートのためにSAPが進める取り組みが、ネットワーク同士をつなぐ「Network of Network」の構築である。国内物流ネットワークの例では、HacobuのネットワークとSAP Logistics Business Networksが接続している。欧州ではproject44、米国ではUber Freightと繋がっているので、企業がSAP Logistics Business Networksに接続すれば、国境を越えたモノの動きの全体像を把握できることになる。

図5:物流ネットワークにおけるSAPの取り組み 出典:SAPジャパン

図5:物流ネットワークにおけるSAPの取り組み 出典:SAPジャパン [画像クリックで拡大]

著者プロフィール

  • 冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

     IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタントとして活動中。ビジネスとテクノロジーのギャップを埋めることに関心があり、現在はマーケティングテクノロジーを含む新興領域にフォーカスしている。

  • 京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

    翔泳社 メディア事業部。EnterpriseZineの他、翔泳社のメディア、書籍、イベントに関わってきた。現在は、嘱託社員の立場でEnterpriseZineをメインに取材・記事・コンテンツ制作にも携わる。 kyobe(a)shoeisha.co.jp

バックナンバー

連載:EnterpriseZine Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5