SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

SAPが公表した中堅・中小企業向け新方針、「ニチバン」の導入事例


 SAPは中堅・中小企業に向けて「期間と費用を明示」する方針を発表。ERPのビッグバンでの導入を加速するという。その事例としてニチバンの執行役員の奥山氏が、SAP S/4HANAの導入プロジェクト導入の内容を明かした。「2025年の崖」問題を抱えていた中堅企業の基幹システム移行の実践事例として紹介する。

SAPが中堅・中小企業に向けて「期間と費用を明示」する理由

 SAPのERPと言えば大手企業のためのもので、いまだ中堅、中小企業には手が出ないものとのイメージがある。日本におけるSAPのERPの利用企業状況を見ると、「事実、多くの大企業で利用されています。実際は大企業ばかりではなく、年商で1,000億円未満の中堅、中小企業の顧客が80%以上、500億円未満の顧客が50%以上を締めています」と語るのは、SAPジャパン バイスプレジデント ミッドマーケット事業統括本部長の田原隆次氏だ。さらに日本の中堅企業におけるここ最近の利用状況としては、多くの企業が会計などの単機能を導入するのではなく、複数の機能を一気に導入するビッグバンでのERPの導入を行っているとも言う。

SAP
SAPの中堅・中小企業の利用

 これら中堅、中小企業がSAP S/4HANAを採用している理由としては、「企業のさらなる成長のための経営基盤として、業務を標準化し生産性を向上するため」、さらに「大手企業よりも予算や人材が限られる中でリソースの制約を解消するため」が挙げられる。そしてクラウド型のERPをビッグバンで導入することで、個別に複数のアプリケーションを導入して運用する手間を削減し、1つのシステムで効率化する狙いもあると、SAPでは分析する。

次のページ
中堅企業向けテンプレートを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16276 2022/07/12 16:32

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング