SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

MySQLとHeatWaveが切り開くオープンソース・データベースの新基準

MySQL HeatWaveに次々と新しい機能が登場

第9回

 第9回はMySQL HeatWaveに実装された新機能について解説します。運用効率や機械学習アプリケーション開発の柔軟性を向上させる機能が次々と追加されています。

2022年4-7月のMySQL HeatWaveの主な改良点

 MySQL HeatWave Database Serviceには2022年3月末に機械学習機能のHeatWave MLが追加されましたが、さらに数多くの機能が継続的に追加されています。その多くが運用効率を向上させ、より柔軟なMySQL HeatWaveの構成を利用可能とする方向で改良が進められています。2022年上半期にMySQL HeatWaveに追加された機能や改良点は下記ブログにてプロダクトマネージャーのMandy Pangが紹介しています。

参考:The Oracle MySQL Blog: New MySQL HeatWave capabilities released in first half of 2022

動的なHeatWaveクラスターの拡張

 MySQL HeatWaveでのクエリ・アクセラレータの部分をHeatWaveクラスターと呼びます。このHeatWaveクラスターはメインメモリのInnoDBのテーブルデータを展開し、カラム型でデータを格納することで分析処理の高速化を実現しています。HeatWaveノードは1台あたり約800GBのInnoDBのデータを格納することができますが、分析対象となるデータの量が多くなった場合はHeatWaveノードの台数を増やすことで対応します。またHeatWaveクラスターはノード台数を増やすことで処理の並列度を上げてクエリの処理時間を短縮できる高い水平拡張性を持っています。

 2022年6月のリリースからアプリケーションへの影響を与えることなくHeatWaveクラスターを動的に拡張および縮小が可能となりました。クラスターのサイズの変更中もクエリは継続的に実行できます。

 参考: Oracle Help Center: HeatWave Cluster Resize Overview

 ノード台数を増やす場合、まずHeatWaveノードのメモリ上のデータのスナップショットが格納されているオブジェクトストレージから、新たに追加されるノードにデータがロードされます。データのロードが行われ全てのノードで新たに担当するパーティションの展開が終わったところでメタデータの同期が行われ、アプリケーションからのクエリが新しいクラスター構成で処理されるようになります。

HeatWaveクラスターの拡張
HeatWaveクラスターの拡張 [画像クリックで拡大]

次のページ
HeatWaveクラスターの一時停止と再開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MySQLとHeatWaveが切り開くオープンソース・データベースの新基準連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

梶山隆輔(カジヤマリュウスケ)

日本オラクル MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当 MySQLソリューション・エンジニアリング・ディレクターオラクル社において、MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リー...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16577 2022/09/09 09:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング