SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

SAPがノーコード、ローコード開発環境のSAP Buildを提供する理由


 2022年12月7日、SAPの最新テクノロジートレンドを紹介する「SAP TechED Japan」が開催された。11月にグローバルで開催されたSAP TechEDでの発表を、日本のエキスパートが独自視点で解説を行った。発表の目玉の1つがノーコード、ローコード開発のSAP Buildの新機能だ。さらに“Suite Quality"と呼ばれるクラウドアプリケーションの統合戦略の進化、SAP S/4HANAの拡張開発、インテグレーションの進化などがあった。

ノーコード、ローコードツールの市民開発の実現で俊敏性を得ることが重要

SAPジャパン Business Technology Platform事業部 事業部長岩渕 聖氏(左)/バイスプレジデント インダストリ&カスタマーアドバイザリ統括本部 本部長 織田新一氏(右)
SAPジャパン Business Technology Platform事業部 事業部長 岩渕 聖氏(左)/バイスプレジデント インダストリ&カスタマーアドバイザリ統括本部 本部長 織田新一氏(右)

 SAP Buildはアプリケーション構築のSAP Build Apps、プロセス自動化のSAP Build Process Automation、ビジネスサイトのデザイン機能となるSAP Build Work Zoneの3つで構成される。SAP S/4HANAなどアプリケーションで実現されるビジネスプロセスには、変わらないものと変えるべきものがある。「変えるところをSAP Buildのノーコード、ローコードで対応します」と言うのは、SAPジャパン Business Technology Platform事業部 事業部長の岩渕 聖氏だ。

 変えるべきところがどこか、それをいち早く察知できるのはIT部門のエンジニアなどではなく現場のビジネス担当者だ。「たとえば入社手続きというプロセスは変わりませんが、コロナ禍以降はそれを出社しなくてもできるようにしたい。ここは変わるところです」と岩渕氏。

 変えるべきところが分かれば、それをなるべく早くに改善したい。それを現場担当者がノーコード、ローコードで実現できれば、組織には俊敏性が得られる。SAPジャパン バイスプレジデント インダストリ&カスタマーアドバイザリ統括本部 本部長の織田新一氏も「現場レベルでの俊敏性の獲得は重要です。とはいえ、なかなか俊敏性を獲得できないのが日本企業の課題です」と指摘する。

 [画像クリックで拡大]

 変えるべきことがユーザーインターフェイスレベルだけなのか、あるいはバックエンドのデータモデルなども含めるべきか。SAP Build Appsではこれまで、ユーザーインターフェイス部分の開発には対応できた。今回は新たにバックエンドデータモデルやビジネスロジックもノーコード、ローコードで開発できる「Visual Cloud Functions」が新たに追加されている。

次のページ
SAPのアプリケーション統合戦略

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17141 2022/12/22 18:44

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング