SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

今、大手企業が「ITフリーランス」に熱視線 DX実現に向けて“欠かせない仲間”となる企業も

フリーランス人材が組織に与える好影響──成功のポイントとは

 レバテックは、ITエンジニアおよびクリエイターを専門とするエージェントとして、『ITエンジニア・クリエイター正社員転職・フリーランス市場動向 2023年6月』という調査結果を公開した。報告によると、フリーランスとして働くことを希望する数が急激に増加しており、前年同月と比較して155%増加、2年間で約3.3倍になったとする。とはいえ、肌感ではITフリーランスの人材はまだまだ浸透しているとは言いづらい。そこで、同社のフリーランス事業を担当する専門家2名にITフリーランス市場の動向や導入企業の成功事例などについて聞いた。

新たな価値創造に向け、大手企業がITフリーランスに注目

 今、ITフリーランスの活用状況が加速度的に進んでいる。「新興ベンチャー企業が活用していたフェーズから、IT・ビジネスの市場全体へと波及して定着化しつつあります。国としてもジョブ型雇用を推進しており、IT人材の不足が顕著になっている状況から、フリーランス人材を登用する企業が増えています」と切り出すのは、レバテックにおいてフリーランス支援領域の責任者を務める小池澪奈氏。ITフリーランス支援機構の理事も務めている人物だ。

レバテック ITソリューション事業部 事業部長 小池澪奈氏
レバテック ITソリューション事業部 事業部長 小池澪奈氏

 同社がITフリーランス支援事業を手掛けたのは2005年初頭。当時はまだ、ブランド力を持たないスタートアップ企業がIT人材を確保するために利用していた。そこから時が経ち、成長著しいメガベンチャーがフリーランス人材の活用を開始すると、2020年頃には、大手企業における需要も生まれはじめたという。

 大手企業向けにフリーランス人材を提案している、同社 安本敦子氏は「いわゆる大手企業においては、システム開発をITベンダーに委託することが一般的でした。しかし、2018年頃からデジタルトランスフォーメーション(DX)が推進されるようになると、システム内製化や新規事業の立ち上げがトレンドとなり、状況は変わっています。企業自らが新しい価値を創出するフェーズへと移行するため、フリーランス人材の専門性を活用したいとの問い合わせが増えてきました」と説明する。

 もちろん、以前から中小企業やSIerにおけるプロジェクトでは、フリーランス人材が起用される光景は見受けられた。特に派遣社員の代替として、情報システム部や社内ネットワークの構築など、比較的役割が明確に定められたタスクを依頼するようなケースだ。しかし、ここ数年で上流工程やDX課題に基づく依頼が増えており、定型業務ではなく、解決策の検討と提案から共同するようなケースが増えているという。

 「DX推進やAI活用などが経営課題となった今、それらに特化したスキルを持つ人材を社内だけで確保することは難しいでしょう。そのため、“プロフェッショナル人材に依頼する”という形で、フリーランス人材の需要が高まってきました。さらに最近では、プロジェクト予算にフリーランス人材との契約費用が組み込まれることも珍しくありません」(小池氏)

次のページ
フリーランス人材の活用、成功している企業の特徴とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

就職情報誌やMac雑誌の編集業務、モバイルコンテンツ制作会社勤務を経て、2005年に編集プロダクション業務やWebシステム開発事業を展開する会社・アンジーを創業。編集プロダクション業務においては、IT・HR関連の事例取材に加え、英語での海外スタートアップ取材などを手がける。独自開発のAI文字起こし・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18801 2023/11/30 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング