SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Events & Seminars(AD)

不景気の今こそ私たちの働き方を見直す千載一遇のチャンス~生まれ変わったLotusが日本のワークスタイルに貢献できること

Lotusphere Comes to you 2010 基調講演レポート

多くの製品がリリースを控える2010年後半

 基調講演では、直近で予定されている製品のリリースについても、いくつか言及された。主要なところでは、Lotus Notesのオンライン版「LotusLive Notes」がある。企業利用で実績あるLotus Dominoのメールやスケジュールを、ブラウザベースまたはNotesクライアントからも利用できるようになるという。第二四半期にはβ版が登場、2010年後半に製品発表の見通しだ。

IBM LotusLiveファミリー
IBM LotusLiveファミリー

 また、LotusLiveは、自社保有型の業務システムやパートナー・サービスを「つなぐ」、統合プラットホームとしての位置づけを強化する。そのためのAPIが、2010年後半を目処にリリースされる。また、第二四半期にはセールスフォース・ドットコムやSkypeなど多数のパートナーソリューションとLotusLiveを統合する機能の提供開始も予定している。

 これらのリリース計画とは別に、スライドライブラリー機能などIBMリサーチによる研究開発の成果をいち早く取り入れ、実証する場としてLotusLive Labsを発表。そして、業務プロセスへのコラボレーションを統合する業界別アプローチとして、Collaboration Agendaを提案していく。

LotusLive 2010 - コラボレーション統合プラットフォーム
LotusLive 2010 - コラボレーション統合プラットフォーム

 進化を続けるLotusソフトウェアが目指すもの。それを具現化したものがProject VULCANと呼ばれる計画だ。Continuity(継続)、Convergence(統合)、Innovation(革新)、New Opportunities(機会)をキーワードとして、数年以内のリリースを目指して開発が進められているという。このプロジェクトが完了すると、既存アプリケーションの境界を越え、ユーザーが単一の画面をベースとして、統一された操作性の中であらゆるビジネス活動を完結できるようになるという。講演中に上映されたデモ映像では、電子メールコンテンツをドラッグ&ドロップでフォルダ移動させたり、あるいはキーワードをもとに全社システム上から自動的に情報を収集し、テキストやビデオ、ボイスチャットを行う機能などが紹介された。

 ポーリー氏は約1時間の講演を「IBMが世界をスマートにするのではない。みなさんの会社が世界をスマートにするのだ。ぜひ御社のビジョンをIBMに聞かせてほしい。それがIBMの課題となる。私たちは御社の企業を変革するために存在している」と締めくくった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Events & Seminars連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2239 2010/11/01 15:47

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング