SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

サーバー集約だけでなく、さらなる仮想化活用によるプライベート・クラウドの実現

EMCジャパン株式会社

国内においても仮想化でサーバー集約を実現し、様々な効果を得ている成功事例がすでに数多くある。こうした企業では、さらなる仮想化の活用を考え、次なるステップを踏み出そうとしている。より仮想化を活用するにはどんなことに注意すべきか、そして、さらに既存環境を仮想化インフラ基盤へと発展させ、ITの維持から利用中心に変革するプライベート・クラウド実現のためには、何を行う必要があるのか。

仮想環境下でのI/O集中による高負荷という課題を解決する重複排除技術

 国内でも数多くの企業において、サーバー仮想化で数10、数100のサーバー集約に成功した事例が出てきている。その結果として、サーバー設置の物理的スペースやハードウェア導入コスト削減などの効果が発揮されているのだ。とはいえ、これらのメリットは集約時だけに享受できるものがほとんどだ。せっかく導入した仮想化技術のメリットをさらに継続的に得られるようにするには、どうすればいいのだろうか。

 1 つの方向性は、既存の仮想化の仕組みを社内に拡大することだ。成功事例の横展開なので、一見この方法には課題はなさそうだが、気をつけなければならないこともある。仮想化の適用範囲を広げると、当然社内に仮想サーバーがどんどん増える。その際に問題となりやすいのが性能の確保である。性能が低下する原因には、統合ストレージやネットワークへのI/O負荷の集中が挙げられる。CPU負荷なら、サーバー仮想化の技術でリソースをダイナミックに割り当て効率化することも容易だ。そのための管理ツールも各種提供されている。しかし、ネットワークやストレージに関しては、仮想化環境の特性を十分に考慮していないことも多く、I/Oが集中してしまい性能が発揮できない。

 この問題の解決のためには、高性能なストレージやネットワーク装置を導入し負荷の最適化を行う必要がある。とはいえ、それらを用意するとなれば当然多くの予算がかかる。当然、ネットワークやストレージに対して無尽蔵に投資はできないので、なるべく安価に仮想化におけるI/O 集中の問題を解決したい。そのためにEMC が提案する1 つの方策が、重複排除技術の活用だ。これは、特に仮想環境下でのバックアップ取得時に大きな効果を発揮する。例えば、バックアップは夜間などのユーザー利用がない時間帯に集中して行うため、バックアップ処理が始まるとネットワークや統合ストレージのI/O 負荷が一気に高まってしまう。

 ここで、Avamar などの重複排除技術を活用すれば、ソースとなる仮想サーバー側で冗長データを特定し、バックアップ・データがネットワークに転送される前段階で、転送量を最小限に抑えられる。重複排除技術は、昨今注目されつつあるデスクトップの仮想化でも大きな効果を発揮する。デスクトップの仮想化では、サーバーよりもはるかに膨大な数の仮想マシンイメージを扱う。そのような状況でもAvamar を使えば、保存対象ストレージに送られる日々のバックアップ・データ量は極めて少なくなり、その処理で消費するCPU リソースも極めて少ない。そのため、仮想サーバーの集約率を大きく高めることが可能となる。

次のページ
データのライフサイクル管理と物理・仮想環境の自動管理で効率化する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

雨堤 政昭()

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2378 2010/07/08 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング